TOPICS

MRTの書籍

中心感覚~一瞬のうちに本質をつかむ力~(サンマーク出版)

中心感覚~一瞬のうちに本質をつかむ力~(サンマーク出版)


出版日:1999.12.15
出版元:サンマーク出版

いつの時代でもそうなのかもしれないが、このところ「プラス思考」「ポジティブ・シンキング」がはやりのようである。さまざまなメディアがここちよいコピーと共に、「あなたもこうすれば成功者の仲間入りができる」と甘い言葉で語りかける。

ところが、考えてもらえればわかるが、ひとりの成功者の裏には何万人もの脱落者、犠牲者がいる。ひとりの勝者が生まれるためには、その何十倍、何百倍もの敗者が必要なのである。しかし、人々に受け入れられ語り継がれるのは、ひとにぎりの成功者の物語である。

そろそろ、気がついてもよいころであろう。こうした成功哲学やプラス思考は、あなたをどこへも導いてはくれない、ということに。
本書が語りかけるのは、そういうものとはまったく違った内容である。ひとことでいえば「あなたはありのままでよい。そのままで完全である」ということである。

(まえがきより抜粋)

- 目次 -
  • まえがき
  • プロローグ 人間本来の機能に目覚めよ
    感覚と直感は知性を上回る
    まず「感覚」にしたがってみなさい
    物事の本質を瞬時につかむ力
    中心をつかんだら迷うべからず
    コップを持てるという「奇跡」
    ロボットは人間を越えられない
    中心感覚は人生の羅針盤
    体で考えるということ
    武道の奥義は中心をはずすこと
    中心感覚で病気も人生も癒される
  • 第1章 一瞬で本質をつかむ力があなたにもある
    脳はほんとうに「えらい」のか?
    驚くべき職人芸はどこからくるか
    人間は生まれつき完全な存在である
    楽して成功すればいちばんよい
    「なぜダメか」ではなく「なぜうまくいくか」を考える
    どんなときでもいつも中心は自分にある
    中心をはずした慈善事業は迷惑なだけ
    体の欲求に素直にしたがってみる
    答えはつねにあなたの足元にある
    小さな善人よりは少々ワルの方がよい
    オーソドックスなものには中心がある
    幸せを求めると不幸を引き寄せる
    お金の本質はエネルギーである
    お金にとらわれる人、自由に使う人
    自由だけでも自在だけでも不充分
  • 第2章 人生をシミュレーションせよ
    病気は健康になろうとする姿
    自分の経験に学ぶことがいちばん大切
    体験する前に理解してしまう方法
    予期せぬ出来事は起こらなくなる
    頭脳を使いつくすと「ゼロ」になる
    ゼロの目で「まんなか」の道が見えてくる
    極端なケースまで想定してみる
    中心感覚シミュレーションの練習方法8ヵ条
    問題は外にあるのではなく内にあると知る
    常識のワクを取り去れば気づきがある
    本物にふれて、本物感覚を身につけよ
    国の指導者には日給1億円払ってもよい
    国民全体が立候補できる選挙制度
    中心は移りゆくものと知れ
  • 第3章 この感覚が恋愛・結婚を自由にする
    目の前のことを淡々とこなせば成功する
    動物的カンで震災をまぬがれた人々
    矢を放たずに的が当たってくるのを待つ
    感覚にしたがえば縁ある人には必ず出会う
    身体感覚を無視した結婚は失敗する
    ほんとうの愛とは束縛しないこと
    本能を無視した愛情には中心がない
    結婚制度はどこか間違っていないか
    「お試し期間」や「夫婦新姓」で結婚が自由になる
    男女がペアを組むのが自然の摂理
    同性愛は中心からはずれた性である
    プラス思考だけでは物事の半分しか見えない
    ゼロ状態で生きるとはどういうことか
  • 第4章 本来の健康を取り戻す「仙骨」の魔術
    そのままでよいと知ることが第1歩
    まず健康だった時を思い出してもらう
    刺激は小さいほど大きな効果がある
    なぜ仙骨の刺激だけで病気が消えるのか
    病気だけでなく心も癒される
    「逆行現象」は快癒のプロセス
    生命力の中心にあたる骨
    立つのも歩くのも中心感覚のなせる技
    生命エネルギーを取り入れる器官
    頭脳をコントロールする「皿回し」の原理
    足首の力を抜いて歩くのがコツ
    体から力を抜くと「ゼロ」の力が満ちてくる
    「やさしい9つの約束」からはじめよう
  • 第5章 中心感覚で現代社会を生き抜く
    犯罪社会アメリカで経験したこと
    アメリカ社会で中心感覚は必須条件
    人生を楽しむ術を知っているイタリア人
    日本の社会に中心を取り戻せ
    「みんな同じ、なんでも平等」でいいのか
    人間は区別はできるが、差別はできない
    すべての人種が混合することで完全な人間ができる
    規格品を生産してきた日本の教育制度
    中心感覚を磨く教育カリキュラムはどんなものか
    「自分の学校」は自分でつくりだす
    教師にいちばん必要なのは求心力
    10代から「中心の道」を探求してきた
    中心感覚を錬磨する3本柱を確立した
    意識と身体、道と術は一体となって完全形
    混迷の時代だからこそ中心感覚を保持せよ
  • あとがき

TOPICS

  • TOPICS
MRTからのお知らせ
MRTからの大切なお知らせです。
MRTの書籍
MRT創始者、内海康満先生のご著書をご紹介いたします。
メディア掲載情報
TVや雑誌などのメディアに取り上げられた情報をご紹介いたします。

関連する情報

全国のMRT
全国の11ヶ所のMRTをご紹介します。お近くのMRTのニュースやブログも、ぜひご覧ください。