仙骨について

仙骨とは?

全身のキーポイントとも言える重要な器官、仙骨(薦骨・・・せんこつ)についてのご説明です。

神聖視されていた仙骨
senkotsu.gif

仙骨とは、身体のちょうど真ん中・・・骨盤の中央にあり、背骨の下端に位置する骨です。

仙骨の 「 仙 」 の字は、仙人、仙薬、神仙、などと使われているように、不老不死や、不思議な力などを表す文字です。

フランス語では、sacreが、「仙骨の」、という意味です。この言葉は、ラテン語のsacrum 、「聖所」という言葉を語源に持ち、「神聖な」、「聖なる」という意味でよく使われる言葉です。

ドイツ語では、kreuzbein。
beinが「骨」で、kreuzは、「交差点」、「キリストの架けられた十字架」という意味があります。

また、英語では、やはり、sacred boneやsacrum、と書くようです。

なぜ、このように仙骨が神聖視されたのかについて、
福岡大学教授宮野成二氏編著の 『 造語方式による医学英和辞典 』 (広川書店刊)に次のように興味深い諸説が出ています。

  1. 仙骨は死後最後に腐敗する骨であり、復活の日には肉体は仙骨を中心に再構成されるという信仰に基づく。
  2. 仙骨は脊椎、頭骨など重要な骨を載せ、前方に腸、特に男女の生殖器などを支え、保護する、すなわち霊器を守る骨であり、あたかも神に供するが如くである。
    昭和20年まで薦骨と書かれたのは神に供する、すなわち神に薦(すす)めるの意による。
  3. 実際に仙骨がいけにえの儀式に供されたという説。

昔から、仙骨の神秘的で重要な働きは知られていて、このように意味のある名称としても残っています。

また、徳川幕府の御殿医として名高い、昔の鍼医者も、「究極的には、仙骨を治療しなければ、本当に人間を治療することはできない」と言ったそうです。
ただ、仙骨は、全身のキー・ポイントといってもいい働きをもっている精妙な器官ですから、既成概念を超えた高い理解力がなければ、触れてはならない禁断の領域だったのです。

MRTの厳密な良法が開発されるまでは、仙骨の変位を正確に診断することも治良することも不可能で、それこそ聖なる領域として、謎に包まれていたといってもいいのです。

特許認定の歩行模擬刺激型健康増進機「センコツくん」

センコツくん
「センコツくん」は、居ながらにして、実際の歩行により与えられる刺激と、同様の刺激を仙骨に与えることにより、健康の増進を図ることができる健康増進機です。
この構造により、特許を取得しています。(特許第4202050号)
ベルトコンベアーや足踏み式のウォーキングマシンのような筋力増強ではなく、健康増進である理由は、「センコツくんオフィシャルサイト」でご覧いただけます。

仙骨について

  • 仙骨について
仙骨とは?
骨盤の中央にあり、背骨の下端に位置する骨「仙骨」のご説明です。
仙骨の変位について
仙骨の変位(位置の変化)と、MRT良法について簡単にご説明します。
仙骨の役割と影響
仙骨の役割と、人体に与える影響についての、とても大切なお話です。

関連する情報

瞬間・無痛のMRT良法について
MRT良法は瞬間・無痛ですので、妊婦の方、お子様、ご高齢者の方にもご安心いただけます。