体験談のご紹介

体験談の検索

自分自身不在を気付かせる為に不倫は引き起こされた

◆夫の不倫発覚後、体調を崩していった  2度目の外泊で、不吉な予感は的中し、夫の不愉は発覚しました。この日を境に、平穏だった家庭は修羅場と化し、地獄そのものでした。  結婚20年目の出来事です。真面目だった夫を信頼しきっていた私にとっては、まさに、晴天の霹靂(へきれき)でした。  不倫は周りの人々をも巻き込み、個々の人間模様は本性を現し、その一つは無言電話という形で現れました。無言電話は週4~5回、番号を替えるまで1年半位続き、夫の後ろにちらつく女性の影が完全に消えるまでには2年近くかかりました。  また、私の身体は不倫発覚後、3ヶ月を過ぎた頃から、鼻炎、歯槽膿漏、椅子に腰掛けられないほどの腰・・・

  • (  53歳 女性 匿名)
  • 掲載日:2010.06.29

祖母の死を看取って理解した「ゼロ」の感覚

 MRTを受け始めて、2年が経ちました。1回目のリーディングの後の身体の心地良さが忘れられず、気が付いたら60回目を迎えていました。身体の変化としては、痛みがあっても、辛いなあと思っても「そのままでいいのだ」と理解して何もしないで過ごせるようになり、薬と名の付くものは一切口にしなくなりました。しかし、やはり一番大きく変化したのは精神面です。  私は母といつも一緒にMRTに通っていますが、そのお陰で、お互いに変化を見ながら話すことによって、もっとMRTが近くになり、今ではすっかりMRT人親子になってしまいました。そんな折り、6月9日母方の祖母が89歳で他界しました。その時、どうしても死ぬに死ねな・・・

  • (   歳 女性 T.N.)
  • 掲載日:2010.06.29

自信を持っていた生き方が次々と崩れ、自分の間違っていたことが思い出されて涙が出ました。

◆治良をはじめて9ヶ月後の感想  MRTを初めて半年くらいは、逆行につらい思いもありました。しかし「月刊MRT」を繰り返し操り返し読みました。パシビティ教室にもできるだけ参加して内海先生のお話も聞き、心の中がどんどん洗われるようになりました。この頃は病が起きると「なぜか?」と自分の心に聞きます。  自分の生きてきたやり方に、自信を持って生きてきたものが次々と崩れ、罪深くあったことが次々に思い出されて涙が流れました。こうして涙を流す度に心が洗われるように幸せに思えて参り、今日では坦々と自然に全く幸せに過ごしております。我が心の中の神様に感謝の毎日です。有り難うございます。 ◆それまで白信を持って・・・

  • (  62歳 女性 A.K.)
  • 掲載日:2010.06.29

アトピー性皮膚炎と私の28年間

 私が初めてMRTオフィスを訪れたのは、1989年の6月ですから、今からちょうど3年半前のことになります。友達の家へ遊ぴに行った時「Sちゃん、これ読んでみる?」と『仙骨に無痛ショックを与えると...』の本を手渡されたのがMRTを知るきっかけとなりました。  パラパラと読み進めてみて思ったことは「ふん!こんな仙骨だかなんだか知らないけれど、骨をちょっと触ったぐらいで症状が消えてたまるもんですか」というものでした。 ◆ずっと自分が嫌いだった  私は生後10日位からアトピー性皮膚炎が現れたということで、アトピーとの付き合いは28年間になります。  私が子供のころは、今のようにアレルギー症状の子供があ・・・

  • (  38歳 女性 S.K.)
  • 掲載日:2010.06.29

バセドウ病で、精神的、肉体的に落ち込んでいた私が、MRTを受け続けるにつれてこだわりが少なくなってきた

◆体力に自信があった私がバセドウ病に  私はMRTに通って1年7ヵ月になります。その間に、大小様々な逆行があったように思います。  そもそも私がMRTに通うことになったのは、35歳で出産し、その3年後に体調を崩したのがきっかけでした。病名は甲状腺機能亢進症、別名バセドウ病でした。それまでは元気で、体力には自信があっただけに大変なショックでした。  次々と襲ってくる症状に成す術もなく、ホルモン量を押さえる薬と、動悸を止める薬に頼るほかありませんでした。まるで嵐がおさまるのをじっと待っているような月々が続き、段々薬の量も増え、ホルモン調整も難しくなり、半ばノイローゼ気味になって「こんな状態が一生続・・・

  • (  46歳 女性 N.T.)
  • 掲載日:2010.06.29

MRTを通して肉体的・精神的に様々な変化を遂げ、頭脳中心だった自分が、生命の源『仙骨』を意識するようになる

◆自分が求めていた治良法が見つかる  私が初めてMRTを知ったのは、今から約10年前、ある書店で手にした内海先生のご著書『「仙骨」に無痛ショックを与えると病気は消える』を読んだことがきっかけでした。  小学校4年生の冬に、スケート場で転んで腰を傷めて以来、腰痛、頚部痛、身体のだるさ等の不調を感じることが多くなりました。  そして、原因は腰の骨にあると感じながらも、下手に触れれぱ壊れてしまうような気がして、既存の整体・カイロプラクティック等の治療を受けることはありませんでした。  内海先生の御著書を読むにつれて、治療を施す者の知識・経験・勘だけに頼るのではなく、仙骨という人体の要と言うべき骨の変・・・

  • (MRT浜松 31歳 男性 Y.T.)
  • 掲載日:2010.06.29

不定愁訴がすっかり消えて生き生きした人生を歩めるようになった

◆MRTの話を聞き、一家全員で治良を受けに行く  「おい、これ行ってみないか?」夫のこの一言が、私達家族とMRTのお付き合いのきっかけでした。  昨年1月、夫が行きつけの美容院でMRTを紹介してもらい、MRTの本『仙骨に無痛ショックを与えると病気は消える』も借りてきました。  その頃の私は身体の不調が続き、鍼灸、整体、気功など、知人から紹介してもらったところへは"藁をも掴む"思いで、家族にも内緒で手当り次第に通っていたのです。  ですから、夫も私も、今までの経験から「本当に本に書かれているこのようなこと(仙骨一点一秒のMRT治良)で病気が良くなるのか?」と半信半疑でしたが、ものは試しと思い、娘・・・

  • (MRT浜松 49歳 女性 K.O.)
  • 掲載日:2010.06.29

糖尿病でMRTに通い、全ての現象は自分が引き寄せていると理解した

◆糖尿病がきっかけでMRTに通う  私の娘や妻は、既にMRTにお世話になっており、家庭での会話もMRT中心で、話の内容も私にはだんだんと理解できなくなり、このままでは2人にどんどん置いていかれてしまうと思いつつも、なかなかきっかけがなく1年が過ぎてしまいました。  その後、会社での定期健康診断で、血液検査の結果、数項目が標準値より外れており、特に血糖値が高めの為、糖尿病との診断で病院にて精密検査を受けました。  以前よりお世話になっていた総合病院の院長に診断して頂いて、「結果は境界値ぎりぎりで、このままだと治療が必要になる」とのことで、更に専門担当医師の診断を受けました。ここでは「少し気にかか・・・

  • (MRT浜松 56歳 男性 O.S.)
  • 掲載日:2010.06.28

不妊治療の辛い日々...。MRTだけを受け続けているうちに妊娠しました!

◆子供が欲しい一念で不妊治療に通う辛い日々が続く  「結婚8年目、我が家に待望の赤ちゃんがやってくる。私は母親になる!」いや、胎動でポコポコと動くお腹の中に、8ヵ月になる重さ1200グラムの赤ちゃんがいるのだから、既に母親になっていることになります。  6年前近所の総合病院へ、不妊治療の為に通院していました。その間、痛い検査(卵管造影・卵管通気)や、いやな検査(夫の精子との相性)を行いました。検査を受ける度に自分の身体を傷つけているような気がして幸い日々でした。そして、クロミッドという排卵誘発剤を服用していました。遂には、夫にも漢方薬が処方されました。でも、次々と行われる検査結果はすぺて正常値・・・

  • (MRT浜松 37歳 女性 K.T.)
  • 掲載日:2010.06.28

喘息が教えてくれた私へのメッセージ

◆なぜ自分だけが喘息に  私は、1歳の頃から何度も喘息の発作を起こし、発作が出てしんどくて動けなくなると「なぜ自分だけが、こんな目にあわないといけないのか!」といつも思って寝ていたことを思い出します。子供の頃から切実な願望として「この世の中に、喘息を根本から治してくれる治療法はないのだろうか!」という想いを抱いていました。  そんな幼年期から、両親に薦められて色々な病院に行ってみたり、民間治療等に通い、色々な健康補助食晶も試してみましたが、これといったものがなく長続きしませんでした。また、10代の頃は身体を鍛えれば喘息も治るのだと信じ、そのために何年も剣道を続けました。そしてある程度は元気も出・・・

  • (MRT姫路 40歳 男性 W.N.)
  • 掲載日:2010.06.28

乳ガンになって初めて、「中心は仕事ではなく、自分の命、健康だ」ということに気付いた

◆脊椎すべり症で手術1歩手前まで...  私がMRTへ通うようになったのは、脊椎分離すべり症があるのに無理をして、ギックリ腰を数回繰り返し、病状がひどくなったことがきっかけでした。  最初は、鍼灸、カイロプラクティック等を受けていました。ところが、そのときは少し良くなるような気がするのですが、2、3日すると元の痛さに戻ってしまい、何年か通う間に少しずつ悪くなり、歩くのも大変な状態になってしまいました。  整形外科で「手術をすれば大分良くなるだろう」と言われて迷いましたが、脊椎分離症以外に肩凝りなどもあって、腰だけ良くなっても全身の状態は良くならないと思ったのと、術後3ヵ月くらいは寝たきりの生活・・・

  • (MRT姫路 48歳 女性 T.H.)
  • 掲載日:2010.06.28

30歳で80歳の老婆のようだった私が、3人の孫の面倒を見るまでになった

◆やっとたどりつけたMRT  94年8月13日に、内海先生のご著書「医者がお手あげの病気は、『仙骨』で消せ!」さらに九月六日に「『仙骨』に無痛ショックを与えると病気は消える」を読んだのが、MRTに出会ったきっかけでした。本を読むと「やっとたどりついた」という思いが込み上げてきました。  じっと見つめていたものが、ついに見えるときに経験する内なる喜びでした。「ああこれだ。やっとわかったぞ」という感情で、障害が大きければ大きいほど、後には強い「ユリーカ体験」(ある本に書いてあった感動を表す言葉です)が待っているのです。  94年8月13日に本を読み、ちょうど盆休みが終わった8月22日、すぐにMRT・・・

  • (MRT博多 65歳 女性 H.H.)
  • 掲載日:2010.06.28

MRTとの出会いによってステロイド治療を回避

◆入院生活で生命が吸い取られていくように感じていた  私は、昨年の夏頃、医者から「慢性腎炎」との診断を受けており、昨年末に扁桃腺摘出の手術を受けました。そして今年の3月から1カ月間ステロイド剤による治療を受ける予定になっていたのです。  (現代医学では、扁桃腺から分泌されるある物質が多すぎるために腎臓に悪さをする。だから、扁桃腺を切ってしまえば良い、という、MRTを知った今考えるとかなり乱暴なやり方が定説となっているようです)  実は、高校生のときにも背骨が曲がっていたため病院を訪れた際に「突発性そく湾症」という病名だけを告げられ、原因も治療法もわからずじまいだったという経験があり、今回の慢・・・

  • (MRT博多 25歳 男性 S.W.)
  • 掲載日:2010.06.28

クローン病とアトピーの二つの難治性疾患が、MRTによって確実に良くなっていることを感じる

◆原因不明の難病と診断され、衝撃を受けたときにMRTの本に出会い、迷わず治良を予約する  私が、MRTに出会うきっかけとなったのは、病院で「クローン病の疑いあり」と診断を受けたことでした。  4年前から大腸にしこりのようなものを感じたのですが、もしやガンではという思いから受診する勇気が出ず、うやむやのうちに時間が過ぎていました。その後、昨年の秋に思い切って検査を受けた結果、「9割方、クローン病という難病に間達いない」と医師に告げられました。  クローン病というのは、胃や腸などの消化器官に潰瘍などができる病気で、悪化すると外科手術を行わねばならないこともあり、しかも原因が不明で治療法が未だに確立・・・

  • (MRT梅田 22歳 男性 Y.M.)
  • 掲載日:2010.06.28

原因不明の『リント症候群』に数十年間悩まされた私が、MRTに出会って母親と共に得た自由自在への道

◆発端は柔道部のケイコで意識不明になったこと  MRTに出会うまでの数十年間、私が悩まされ続けていた『リント症候群』ですが、発病したのが20か21歳のときでした。  私は大学時代に柔道部に入っておりまして、あるとき、風邪でかなり体調が悪かったのに、合宿の猛練習に参加し、投げられて意識不明になったのです。一晩くらいは意識が戻らず、どんな状況だったのか全く記憶にないのですが、記憶が戻ってからは、風邪のような症状が一層ひどくなって、前頭部が締めつけられているような状態になりました。喉の上の方から、タンと鼻汁が出てきて、「何かおかしいな、はやく休まないといけないな」と思いながら合宿を終え、阪大病院で全・・・

  • (MRT梅田 58歳 男性 I.S.)
  • 掲載日:2010.06.28

母の股関節痛が消え、今では家族四人でMRTに通っています

 私がMRTを知ったのは、1988年頃、「表紙がカワイイ」という理由で『医者がお手あげの病気は仙骨で消せ!』を買いました。内容も気に入って、もし自分がケガをしたり病気になったらこれで治そうと決めたのですが、そのときは、まさか家族で通うことになるとは思ってもいませんでした。 ◆母の場合(Tさん) 年齢 66歳初回登録日 1995年8月1日リーディング回数 102回  母の右足の付け根の痛みは、60歳になり、太ももの筋肉がなくなったと思った頃に始まったそうです。自営業を手伝っている母は、1日中立ちっぱなしで動き回っています。「歳だから仕方がない。病院に行っても、痛み止めの注射を打たれるぐらいで、治・・・

  • (MRT梅田 40歳 女性 T.N.)
  • 掲載日:2010.06.28

長い間続いていた痔と便秘が、MRTでみるみる変化していった

◆初めての治良で起きた身体と心の変化に良くなっていくことを実感する  私は、長年患っていた痔と強度の便秘が、どんな治療によっても変わらず、とうとう仕事が休みになる週末毎に、非常に苦しんで便を出すということを繰り返す状態に陥りました。これをきっかけに、書店に出たばかりの『仙骨の超快癒力』を読み、さっそくMRT梅田に電話をかけ、治良を受けました。  これまでの経験では、長年の痔による脱肛は、自然と元の状態に戻ることなど決してないはずなのに、MRTの治良をただ1回受けただけで、帰りの電車の中ではもう元に戻っていたのには、本当に驚きました。  さらに驚いたのは、私はとても腹の立ちやすい性格だったのが、・・・

  • (MRT梅田 36歳 男性 H.S.)
  • 掲載日:2010.06.28

本当の自分を出したくて、MRTへ行くと決める

◆「精神的に変わるのよ」の一言で、MRTに行くことを決める  妹の「MRT治良を受けると精神的に変わるのよ」の一言で、MRTに行くことを決めました。当時の私は「精神的に何とかなりたい、本当の自分を出せるようになりたい」という気持ちが強かったのです。  初めてMRT治良を受けた後、「しまった」と思いました。治りかけていた喘息に似たセキが、大変ひどくなってしまったのです。しかし、それは一晩だけで納まりました。  そして、2回目の治良の後に、耳から膿が出ました。小さい頃から、内耳炎・中耳炎・外耳炎をしていて、耳の聞こえが悪かったので、それに変化が出てくるかもしれないと、初回時の心配は期待に変わりまし・・・

  • (MRT梅田 51歳 女性 M.B.)
  • 掲載日:2010.06.28

手術をしなければ下半身がマヒしていくと言われた頸椎症がMRTによって病気を忘れるまでになりました

◆下半身がどんどんマヒしていくと診断され目の前が真っ暗になる  私は、学生時代にバレーボールで腰を痛めたのがきっかけで、その後もぎっくり腰を何度か繰り返し、柔道整復や鍼灸、けん引などに時々通っていました。頸と腰にヘルニアがあり、7~8年前から手足にしびれを感じてはいましたが、子供が小さいので、抱っこしたりするからそれが原因かなと思っていました。  そして、手足のしびれが徐々にひどくなってきたので、病院で検査を受けましたところ、2000年の12月に、頸椎無頸椎症性頸髄症と診断されました。これは頸髄がだんだん狭まっていくという頸椎の病気で、やがて頸髄が切断されていってどんどん下半身がマヒしていく進・・・

  • (MRT梅田 39歳 女性 S.N.)
  • 掲載日:2010.06.28

集中力が改善され、中真感覚で行動するようになり、仕事や人間関係が大きく変わった

◆MRTとの出会い  自分は特に病気ではなかったのですが、あまり集中力が続かないときもあって、「少し怠けものなのかな」と思ったりしていました。特に目的もなく、いつもその場限りで生きてきたように思います。今思えば、生きていること自体がこんなに楽しくて素敵なことであるということを知らなかった、いえ、ずっと永く忘れていたんだなと思います。  普段はフリーでビデオやイベントなどで使用される音楽の作曲および制作の仕事をしていますが、別件の仕事で、偶然とても尊敬できる人に出会いました。その人は何をするにもあまり無駄がなく、適度に周りに気を配り、決してその場の中心にいるわけではないのですが、その人がいるから・・・

  • (MRT中野 31歳 男性 T.S.)
  • 掲載日:2010.06.28

1

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
656件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去36年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。