体験談のご紹介

最新の体験談

慢性的な腰痛と糖尿病の併発で長年通ったMRTを離れて4ヵ月 治良を再開して初めて自分の求めているものを知った

  • ( 78歳 女性 大阪府 Y.K.)
  • 掲載日:2020.02.22

◆整体に18年通っても五十肩は治らず、腰痛、膝痛で歩くのも辛かった

 53歳のときから五十肩を治す目的で整体に通い始めましたが、段々と腰痛や膝痛が出てきて、71歳のときには歩くのも辛いほどの状態になってしまいました。そんな私の状態を見たある方が、MRTを紹介してくれたのです。しかし、それまで18年来ずっと整体を信頼して通っていたので、そう簡単にすぐ他の治療を受ける気になりませんでしたが、ちょうど誕生日が近かったこともあり、それを切っ掛けにMRT治良を受けてみることにしたのです。

◆初めて受けたMRTで身体が軽くなり、腰痛、膝痛、五十肩が楽になった

 2012年7月30日、初めてのMRT治良を受けると、身体が軽くなり姿勢が楽になりました。RTの先生から説明を聞いて大変納得し、せっかく治良を受けるならMRTだけでやってみようと思い、18年通っていた整体に通うのをやめました。そして、MRT治良一〇回目で左脚が楽になり、腰痛も軽く歩きやすくなりました。30回目のときには、正座ができるほど膝の痛みが楽になりました。治良60回目の頃には、腰が凄く楽になり、歩き方も速くサッサッと気持ちよく歩けるようになりました。五十肩の痛みも、冷えると少し痛む程度で、気にせず動くことができるようになりました。
 毎週1回治良に通い、心身共に確実に元気さを取り戻していましたが、それでもこのときの私はまだどこか半信半疑でした。内海先生の御著書『霊止乃道』も購入したのですが、この当時はよく理解できませんでした。

◆血糖値が上がり緊急入院したが、MRTに通い続け、若い頃の元気さに

 治良回数80回を超えた2013年の暮れに、どうも調子が悪いと感じ病院に行くと、「詳しい検査を受けたほうがいい」と大きな病院を紹介されました。そこで専門の医師に診てもらうと、※空腹時血糖が270㎎/dl、ヘモグロビンA1Cが11%以上もあり、その場で緊急入院することになってしまったのです。
 それからは血糖値を下げる薬を飲みながらMRTに毎週通い、血糖値は順調に下がり、治良100回目の頃には正常値になりました。
 治良120回目のときには、若くて元気な頃の自分に戻ってきたように感じ、疲れにくく、動作、判断、行動力が以前よりも良くなったように感じました。

◆あることを切っ掛けにMRTを休み体調が最悪の状態に

 

順調に良くなっていたある日、知人を通して紹介されたリンパマッサージの治療師の方から「根本的に糖尿病を改善するには、薬を飲んではいけない。仙骨治良もしばらくやめたほうがいい」と強い口調で言われたことがありました。その口調に押され、「そんなに言うなら試してみようか」と心が揺らぎ、2017年10月末を境に、MRT治良をお休みしてしまったのです。
 それからはその治療師の方の言う通りに薬もやめ、その施術を受けていましたが、楽になるどころかどんどん具合が悪くなっていきました。そこで、週1回だった施術を週二回に増やしましたが、ますます体調は悪くなる一方で、血圧も上がっていきました。段々と歩くことさえも辛くなり、「何かおかしい。やっぱり病院に行こう」と思い立ち、病院で検査してもらうと、なんと血糖値230㎎/dl、ヘモグロビンA1Cが10%以上になっていました。そこでやっと「これは今のやり方をストップしなければいけない」と気付き、2018年3月、その治療師の方の施術をやめたのです。
 しかし、病院で治るとも思えず、「これからどうしよう...」と途方に暮れた私は、心底悩んだ末にMRTに電話をしました。4ヵ月もお休みして別の治療を受け体調を崩し、引け目を感じていた私に、電話口のRTの先生は「皆、そうしてわかっていくのだから。わかって良かったね」と言ってくださり、その言葉が本当に優しくて、胸にしみました。そしてその翌日から再びMRTに通うことを決めたのです。

◆MRTを再開することで体調は劇的に回復
『霊止乃道』を拝読することでさらに大きな気付きを得た

 2018年3月、4ヵ月ぶりにMRT治良を受けに行ったときの体調は最悪でした。食欲がなくて食べられず、血糖値と血圧が高い状態でフラフラしており、歩道のガードレールに掴まりながらやっとの思いで歩いてMRTのオフィスにたどり着いたのです。そして長らく休んで久しぶりの治良を受けられたときは、凄く安心したことを覚えています。それからしばらく週2回の治良を受けることで、みるみる体力が回復してきました。
 実は私はそれまで30年間、ある臨床心理士の方の下で勉強をしてきたのですが、その方がちょうどこの時期に亡くなられました。その方は一貫して「人間は死んだら終わり」と言っていたので、私もそういうものかと思っていたのですが、その方が亡くなったことを切っ掛けに、「じゃあ、なぜ人は生きているのだろう? なぜ自分はこんな大変な状態になったのだろう? 本当のことを知りたい!」と強い気持ちが湧いてきて、内海先生の御著書『霊止乃道』を読み直しました。そのとき、「自分の知りたかったことが全部書かれている!」と目からウロコが落ちました。特に、「サンマの顔は皆一緒だが、人間は一人一人顔が違う。それは前世があるからである」という一節を読んだときに、「そうか!」と電撃が走るぐらいショックを受けたのです。
 それ以来、『霊止乃道』の御著書を毎日読み、自分の経験を照らし合わせて気付いたことや理解したことをノートに記録することが日課となりました。そして、自分もかつてものの言い方が強かったこと、人に振り回されて初めて、自分も人を振り回したことをやってきたのかなと気付き、これが法則なのかと気付いたのです。

◆一度MRTを離れて大変な思いをしたからこそ自分自身を取り戻すことができた

 MRT治良を再開してから、空腹時血糖値、ヘモグロビンA1C値は徐々に下がり、今では薬を最小限に減らし、正常値に近い範囲で落ち着いています。
 食欲も戻ってきて、「あれが食べたい、これが食べたい」という感覚がハッキリしてきました。このような自分の細胞自身の声を聞けるようになったことが、とてもうれしいです。
 血圧もたまに高くなるときがありますが、こうしてバランスを取ってくれているのだと思い、あまり気に病むことはありません。それ以上に、自分が確かなものを掴んだことの喜びと安心感が遥かに大きく、これでよいのだと思っています。
 MRTを離れて大変な思いをした期間があったことで、逆に仙骨の大切さ、霊止乃道の理解に繋がり、あの体験がなかったらいまだにMRTを半信半疑のままでいたことがわかります。大変だったけれども、私にとっては本当に必要なことだった、これも決まっていたのだと今は理解できます。
 この場をお借りして、内海先生に、心から感謝を申し上げます。

※血糖値・ヘモグロビンA1Cの基準値
 空腹時血糖110㎎/dl以下
 ヘモグロビンA1C 4.3~5.8%以下

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
731件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去39年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。