体験談のご紹介

最新の体験談

仙骨の動きを高めていけば病気は消えることを理解し、MRT治良を受けて精神的に安定してきた

  • (MRT浜松 54歳 女性 静岡県 T.K.)
  • 掲載日:2019.09.28

◆突然に起きた症状から、毎日が不安になる

 3年前(51歳)のある夜、突然息苦しさを感じ呼吸困難になり、夜間救急にかかりました。そこで肺気腫と診断され、後日近くの呼吸器内科を受診しました。肺機能などの検査をしたりしましたが、原因はわからず約1年通院しました。この間もいつ呼吸困難になるのか昼間も不安でしたが、夜になると眠ることが怖いという毎日でした。
 私は子供の頃に心臓の病気をしたこともあり、今回のことで医者に相談し、大きな病院を紹介してもらい心臓エコーなどの検査をしました。特に異常はないと診断されましたが、呼吸器内科の医師からは、吸入剤や睡眠剤まで出されるようになり、なんとなく薬を飲むのは怖かったため、飲まずにお守りがわりに持っていました。
 疲れが原因かもしれないと思いカイロプラクティックに毎月通いながら2年ほどたったある日、毎月発行されている情報誌を見ていると、MRTに目がとまりました。瞬間無痛、仙骨、というワードもそうでしたが、“精神不安の方”という内容に引かれ、とりあえず行ってみようと思いました。

◆MRT治良を受けて症状は変わっても不安だけは消えないでいた

 初めてのMRT治良を受けたとき、RTの先生からのお話ですごくホッとしたのを覚えています。治良後には食欲が出て気分が良く、精神的に落ち着いて明るい気持ちになれました。そして知らず知らずのうちにそれまでの胸の痛みの症状はほとんどなくなってきていました。
 5回目の治良の頃には胸部の苦しさが出たり消えたりしつつ痛みはたしかに減っていました。しかし、ほかの身体の痛みが出ると不安な気持ちになり、本当に大丈夫? この痛みは? どうして? と自問自答を繰り返していました。
 私は障害児の世話をする仕事に14年間勤めてきました。ちょうどこの頃に職場の人間関係でのストレスがたまり、楽しく仕事ができなくなり、辞める決心をしました。このタイミングで決断できたのはMRTに通うようになり、仙骨の力が高まったことによって決められたのかもしれないと今は思います。

◆MRT治良を続けて肉体的、精神的に変化が出る

 10回目の治良の頃は、それまで毎夜2回は目覚めていたのが朝までよく眠れるようになり、また目覚めが良くなり、痛みが軽減して気持ち的にだいぶ楽になってきました。
 それまでにMRTで頂いた資料をよく読ませて頂いて仙骨が一番大切な骨であることがわかってきて「歩くこと」が自分で仙骨のバイブレーションを高めていくことだと教えて頂き「歩くこと」を意識するようになりました。初めのうちは「歩かないといけない」という思いでしたが、そのうち「今日も歩きたい」と気持ちに変化が出てきました。しかし、まだ身体に痛みが出ると、どうしてもなぜ痛いのかと考えて悩んでしまいました。
 13回目の治良後に腰が痛くなりました。RTの先生にお聞きしたら「改善されていくのに過去の症状が一時的に出てきます。これを逆行と言いますが、30年前に交通事故に遭われていたことがありますから、その逆行が出たのではないですか」と言われ、仙骨の動きをよくしていけば、胸の痛みだけでなく、ほかにも改善されていくところがあるはずだと納得しました。腰痛はすぐに楽になりました。
 18回目の治良後に高熱が出ました。いつも脚が冷えて血行が良いとは思えないので、細胞が活性化するのに体温を高くして血行を良くし、免疫力や抵抗力を高めているのだと理解し、不安を持たないようにしました。
 MRTに通い始めて2ヵ月ぐらいで丁度仕事も辞め時間もたっぷりありましたので、毎日楽しく歩くようになりました。ある日、左手首が痛みスーッと知らない間に消えていきました。交通事故のときに骨折していたので、また逆行が出てきたと、このときは落ち着いて受け止めることができました。

◆娘の逆子が治った!

 途中、娘が第2子を妊娠中、逆子がなかなか治らないことから、RTの先生に相談しました。「以前から逆子の方がMRT浜松によく来られていて、他県の産婦人科からの紹介ですが、皆さんすぐに正常になられた事実があります」とお聞きしました。それなら娘にもいいだろうと急いで知らせてMRT治良を受けてもらうように説得しました。娘はちょうど浜松市内で暮らしているので、すぐにMRTに行き、治良を受けました。するとすぐその後の検診でなんと逆子が治っていたのです。これには驚き! 娘もビックリして喜んでいました。RTの先生に逆子が治りましたと報告したところ、「お母さんの仙骨バイブレーションが正常になったから、赤ちゃんも本来の位置に戻れたのですね」と喜んでくださいました。娘はその後も順調で11月に無事安産でした。

◆MRTに通っているのだから大丈夫!

 MRT治良が30回を過ぎた頃は体調の変化がよくわかるようになり、一瞬フッと楽になったときがありました。しかし、下を向いてじっとメールをしていると胸苦しくなり、なぜ自分は今の状態になってしまったのだろう? と、自分の生きてきた今までを思い起こし、子供の頃から大病し2度も入院し、交通事故2回、出産4回、流産3回、死産1回と、これほど身体を傷めてきていました。毎日毎日「ここが痛い」「今日は足がおかしい」と何かしら身体に違和感があり、もしかしたら病気だろうか、検査しに行こうかと不安にかられることもしばしばでした。
 特に、結婚して主人の両親と同居し昔ながらの古い考えの家でしたので、自分の意思、気持ちを隠し、抑えてきてストレスを溜めていたとわかってきました。20代の頃、第2子が死産したときはとても辛かったです。3年前に肺気腫と言われた頃は生理が止まって更年期の症状が出ていて、そのことも家族には理解してもらえず辛かったです。今の義母(90歳)との暮らしも生きてきた時代が違うからかみ合わないことが多く、退職してから一緒に家にいるとストレスになるので、なるべく自分が外出するようにしてきました。まだまだ自分で理解しなければならないことはたくさんあると思います。
 初めてMRT治良を受けてから今日まで約1年、ほかの病院や治療院に行くこともなく毎週1回MRTに通っています。通い続けているということ、治らないと思えば、とっくにMRTに行かなくなっていて病院を転々とし、いろいろな検査をしていたでしょう。今日まで仙骨さんがしっかり頑張ってくれているのだから、MRTに通っているのだから大丈夫! と、いずれ病気は消えると信じられるのはMRTに来たから言えるのだと思います。
 これからもよろしくお願い致します。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
718件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。