体験談のご紹介

最新の体験談

諦めかけていた脊柱管狭窄症がMRT治良で改善!  今では1時間半も歩けるようになりました!

  • ( 72歳 MRT千葉 N.Y.)
  • 掲載日:2019.05.15

◆育児が原因で脊柱管狭窄症になる

 私が腰痛になったのは、今から約44年前の28歳のときの出産が切っ掛けでした。産後から育児を1所懸命にやり、抱っこをしたり、前かがみでいる姿勢も長く、気付けば腰痛になっていました。それでも、2人目の子供も出産して、自分の身体をケアする余裕がありませんでした。
 育児が1段落した40歳の頃に近所の整形外科に行ったところ、椎間板ヘルニアとの診断を受けました。そこで、医師から勧められた通り、電気治療を受け、シップ薬と痛み止めの薬をもらい、それで1旦腰の痛みが収まりましたが、それから数ヵ月もしないうちにまた腰痛が再発しました。今までのシップ薬と痛み止めの薬も効かなくなって段々痛みがひどくなってきたので、今度は違う病院で牽引をするようになりましたが、牽引そのものが痛くて長続きしませんでした。
 そこでまた違う病院に行き、ストレッチ体操をすることになったのですが、そのうち足がしびれるようになったのです。医師からは「腰痛が慢性化していて、脊柱管狭窄症になっています。これは手術をしないと治りませんよ」と言われ、また同時に腰椎すべり症も併発しているとの診断も受け、とても不安になりました。腰痛で手術をした友人達の話を聞いたところ、あまり良い結果を聞くことができませんでしたので、手術はしたくないと思い、また違う病院にも行ったのですが、結局やることは同じで、その結果、逆に痛みや症状が増すことになりました。結局4件の病院に通ったのですが、腰痛は改善しませんでした。

◆病院では治らないと感じて、MRT治良を受ける

 その後、病院に通っていても治らないと感じて、何か良い治療法はないか? とインターネットで検索したところ、「仙骨」という文字が気になり、MRTのホームページを見つけたのです。ホームページを読んだところ、私と同じ脊柱管狭窄症を患っている方がMRT治良で改善したという体験談が幾つも掲載されており、「もしかしたらこの治良で私の腰痛も改善するかもしれない」と感じて、早速電話で問い合わせてみました。電話口で脊柱管狭窄症とすべり症であることを伝えたところ、そのような方が多く通われていることを教えてもらい、まずは体験してみようと思いその場で初回の予約を入れ、2018年5月27日に初回のMRT治良を受けました。MRTのホームページを読んではいたものの、本当に脊柱管狭窄症が改善するのか半信半疑でしたので、いろいろな質問をRTの先生にぶつけてみたところ、納得できる答えを頂きましたが、頭では納得しても、治良直後にはハッキリとした変化がありませんでしたので、正直なところ、半信半疑な気持ちでした。しかしRTの先生から「今、お持ちの症状が改善するには、少し時間が掛かるかもしれませんが、ちゃんと通われた方は必ず良くなっておられますから、まず3ヵ月間続けてみてください」と言われ、とにかく3ヵ月間は続けてみることにしたのです。
 初回の治良を受けた日の夜は、身体がだるくなり、とても眠たくなりました。そのことをRTの先生にお伝えすると、「寝ている間に細胞の修復が進みますから、どんどん寝てください」と言われて、2回目の治良の後も眠くなったので、RTの先生から言われた通りに、その日は早く寝床に入ったところ翌朝の目覚めが良く、身体がとても軽くなっていることに気付いたのです。そして、昼間に散歩に出たところ、30分も歩くことができたのです! MRTに来る前は5分も歩くと両足がしびれてしまっていたのが、たった2回のMRT治良で30分も歩けるようになったので、「私の脊柱管狭窄症は治るかもしれない」という希望を持ったのでした。

◆強く出る逆行に不安を覚えることもあった

 しかし、3回目の治良後には、再び両足に強いしびれが出てしまい、RTの先生から逆行についての説明を聞いてはいましたが、とても不安な気持ちになりました。そのような不安な気持ちをRTの先生にお伝えすると、「強い逆行は1時的なもので、長くは続きませんから安心してください。他の方も辛い逆行が出ておられますが、逆行が出た後に必ず皆さん楽になっておられますから、大丈夫です! 必ず良くなりますよ」と励ましのお言葉を頂きくじけそうになっていた気持ちが救われました。
 また、私と同じ脊柱管狭窄症の症状があったアプリカントの方が、改善した体験談を教えてくださったことで不安な気持ちが払拭され、「よし、また頑張ってMRTに通おう!」という気持ちになれたのです。

◆MRT治良と並行して歩くことで調子が良くなる

 RTの先生からは、とにかく歩くようにお話を頂きました。治良に通い出した頃は、5分でも歩くのが辛かったのですが、先生ご自身も1日に1時間半は歩いておられることをお聞きして、「そんなに歩くことが身体に良いの?」という疑問がありましたが、ある日、足のしびれが辛いときに歩いてみたところ、しびれが軽くなり、体調が良くなり歩くことの重要性を身を持って体験することができたのです。それからは、朝に15分、夜に20分歩くようにしました。そこから3ヵ月が過ぎた頃から徐々に歩ける距離が伸びて、45分は平気で歩けるようになり、RTの先生がどんどん歩いてくださいと言われる意味がようやくわかってきました。そして、歩ける距離が伸びてきたと同時に足のしびれが軽減されてきたのです。

◆治良開始から3ヵ月で脊柱管狭窄症を忘れるくらい元気になる!

 その後もMRT治良を重ねる度に症状が出たり、引っ込んだりを繰り返しながら薄皮が剥がれるように、徐々に足のしびれが楽になっていきました。先日はなんと1時間半も歩けるようになったのです! 最近も脊柱管狭窄症の症状を忘れるくらい調子がいい日があり、「諦めずにMRT治良を続けてきて良かった」と思いました。
 最初は、半信半疑だったMRT治良でしたが、自分でも気付かないうちに脊柱管狭窄症が改善していたのです。今では、膝痛も改善して、毎日快適に過ごせています。これからも決して無理をせず、自分の身体と上手につきあっていきます。RTの先生には感謝しております。これからもよろしくお願いします!

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
710件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。