体験談のご紹介

最新の体験談

MRT治良により、疲れやすい体質が改善しただけでなく、自分には相手に合わせるところがあったことに気付き、自分を中真とする人生を歩み始めた

  • (MRT恵比寿 39歳 男性 東京都 M.S.)
  • 掲載日:2019.03.30

◆MRTとの出会い

 私は、小学生のときは野球、中学生ではハンドボール、そのほかにサッカーなどのスポーツもしてきましたので、小学生から高校生にかけて投げたり蹴ったりのスポーツの中で、何度か捻挫やギックリ腰を繰り返していました。
 今振り返りますと、身体を全体として捉えて意識することができず、筋トレなどにおいて部分部分を鍛えていたので、バランスが取れていなかったように思います。また、スポーツをしているときに身体に無駄な力が入っていたために、捻挫などをすることが多かったのだと思います。
 そして、二六歳のときには気胸になってしまいました。ある朝、目を覚ましたら胸が痛く身体を起こすのもままならない状況でした。徐々に息苦しくなっていき、すぐに病院に行きましたが、そのまま入院し、手術をしました。そのときは不安や恐怖でいっぱいでした。
 気胸になってしまった原因は、資格試験の勉強を続けていて、その過度なストレス下の中にずっと身を置いていたため、睡眠不足などもありバランスを崩した生活になっていたことや、また、元々、背中や腰が固いのですが、それは頭で考えすぎてしまうところがあり、その影響で身体が緊張しやすかったからだと思います。そのような状況で、MRTを受ける前の自分は肉体的には疲れやすく、精神的には自分を中真としておらず、周囲に合わせてしまうようなところがありました。
 2017年11月頃、知人の兄弟がMRTに通われていて、「仙骨のみを治良することで病気が治り健康になる」と聞き興味を持ちました。しかし、今までそのような治療方法を聞いたこともなく、半信半疑でしたが、瞬間・無痛の治良法ということにも興味を持ち、受けてみたいと思いました。

◆MRT治良を初めて受けて変化を感じる

 2017年11月、MRT恵比寿に治良の予約を入れました。初めてMRT治良を受けたときは、本当にほんの一瞬の治良でしたが、帰宅してから仙骨のまわりが温かくなったり、眠くなったりと不思議な感じがしました。
 また、疲労感が取れ、身体が軽くなり、姿勢が良くなったことを感じ、精神面でも落ち着いて気分が爽快になり、続けて通ってみようと思いました。
 5回目の頃には、立っていることが楽で歩くことも楽になり、仙骨の大切さをより感じるようになりました。
 さらに、身体の力みが少しずつ取れて疲れにくくなってきました。そして、MRT治良を受けることで、仙骨に意識を置いて生活し、中真感覚で日常生活を過ごしていきたいという思いが強く出てきました。
 逆行現象としては、歯が痛むことがしばらく続き、痛みで食べることもままならないときもありました。これは、今までの偏った歪みが顕在化してきているサインだと捉えて過ごしていましたが、MRT治良を七、八回受けたら痛みも消え楽になりました。

◆自分が相手に合わせていたことに気付く

 20回目の頃には、日常生活において以前よりも仙骨を意識できるようになり、精神的には以前よりも周りに左右されることが少なくなってきているように感じました。
 その頃、お付き合いしている女性がいたのですが、ある日、その彼女から大きな決断を迫られることがありました。
 そのことを友人に話をしているうちに、それまで自分は彼女に対してやさしく接してきたつもりでしたが、それは、相手の女性に合わせていただけなのではないか、ということに気付き始めました。相手を思いやる、やさしく接するということと、相手に合わせるということは違い、本当は自分に中真を置かなければならないということがわかってきました。
 ちょうどそのような時期にMRTに出会い、「自分を中真にする」ということを識ったのは、自分の人生において、自分の中真が曖昧になって相手に合わせていたことに気付くためであったと思います。
 そのことをRTの先生に話した際に、「人生の大きな選択に迷っているときや、精神的に不安定なときに、このMRTに出会い、MRTに通い始めたということは、深いところで本当の中真を求めていることにほかならない」といった内容のお話をお聴きし、自分の人生にとってMRTに出会ったことも必然であったという理解に至りました。
 そして結局、自分の中真に従った決断をして、彼女と別れました。そのときは悲しみなどの感情が出ましたが、その後は非常にスッキリとしていて、本当にこれで良かったのだと思えています。
 今は、周りの友人からも「今のほうが元気そうだ」と言われ、自分でも自分らしくなってきたと思います。
 もしこのことに気付かなければ、今後も多くの人と人との関係において、何が中真かわからず違和感を感じながらも、いつも相手に合わせてストレスを感じながらの人生を過ごしていたかも知れません。

◆『中真感覚の学び』に参加して

 そして、このような悩みがある時期に、より自分に中真を置けるようになりたいと思い、オフィスで開催されている『中真感覚の学び』に参加するようになりました。
 『中真感覚の学び』では、稽古したことを日常に生かすことができるということを聞いて不思議な感じがしました。
 以前にも、球技などのスポーツやランニング、ヨガなどをしていたことがありますが、運動は日常とは切り離して捉えていたので、どのように日常生活に生かしていくことができるのか、と期待していました。
 そして、『中真感覚の学び』で稽古を重ねていくうちに、少しずつですが、日常生活においても、自分、自分と相手、取り組んでいる仕事、との一体感を意識することができるようになってきていると思います。

◆これから中真感覚を大事にして生きていきたい

 今までの自分の人生を振り返ると、頭脳を中心とした生き方は良くないという知識がありましたが、MRTに来る前はそれを自分の都合の良いように解釈をして、自分で考えることを放棄し、周りに合わせ、流れに乗って生きる、というような楽な生き方を続けてきてしまったと反省しています。
 仙骨に意識を置いて、日常生活で起こる出来事は自分の理解するべき学びである、と捉えていきたいと思っています。
 そして周りで起こっている現象が全て自分の理解のためにあるということが、少しずつではありますがわかってきているような気がしています。自分の人生においての決定権を人に預けるのではなく、今後も中真感覚を大事に過ごしていきたいと思っています。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
702件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。