体験談のご紹介

最新の体験談

腰痛の劇的快癒は、始まりに過ぎなかった...。 生き方そのものが大きく軌道修正され 不自由を手放すことができた

  • (MRT愛媛 女性 愛媛県 N.T.)
  • 掲載日:2019.01.27

◆ラジオから私の叔母の耳に飛び込んできた「MRT良法」

 私には、現在74歳になる※叔母がいます。今も元気で農作業に勤しんでいます。その叔母がいつものように、ラジオを聴きながら農作業をしていた12年前(2006年)のある日、何とはなしに耳に飛び込んできたのが、「MRT良法」、「仙骨」という聴き慣れない言葉でした。
 それがいったいどういった治療なのか、叔母には今一つよくわからなかったらしいのですが、「とにかく腰痛や膝の痛みも良くなるとラジオで言っていたから、どんなものか一度調べてみてくれるかな。もしかしたら胡散臭いところかもしれないし...」と、姪である私に依頼があったのです。
 私自身もその頃ひどい腰痛で悩んでいましたので、「その治療で、もし私の腰痛も何とかなるのなら...」という思いもあって、早速MRTに行ってみることにしました。2006年10月のことでした。

◆初めてのMRT治良で、腰痛が劇的に消えてしまった

 元はと言えば、叔母に頼まれて「本当に効くのかな?」と思いつつ試しに受けてみたMRT治良でしたが、意外にも1回目の治良であれほどひどかった腰の痛みがあっけなく取れてしまったのです。「えっ?嘘!」と、これには驚きました。
 毎日の生活もままならないほどにひどい腰痛持ちだった私は、この腰痛を何とかして治そうと整形外科はもちろんのこと、接骨院や整体、鍼灸など思いつくまま、それまでありとあらゆる治療を受けていたのですが、いつも「何となく良いかなー」と感じる程度で、痛みが消えてしまうことはありませんでした。
 こんな状況でしたので、「この先、私はどうなっていくのだろう?」と、大きな不安を抱えながら過ごしていました。そんなとき試しのつもりで受けてみた、たった1回のMRT治良で、あれほどひどかった痛みが一気に取れてしまったのですから、胡散臭いどころかこれは物凄い治良だと感じてそのままMRT治良を継続して受けることにしました。腰痛のみならず、肩に石でも乗せたような慢性的にひどかった肩凝りも、気が付けばいつの間にか消えてしまっていました。
私に続いてMRT治良を受け始めた叔母の腰が、みるみる伸びていった
 元気になった私の姿を見て安心したのか驚いたのか、私が治良を受け始めて半年が過ぎた頃(2007年3月)、私にMRTを教えてくれた当の叔母がようやく「私もMRTに行ってみようか」という気持ちになり、MRTに通い始めました。
 その叔母も私と同様、曲がっていた腰がみるみる伸びて、立つこともできないほどにひどかった腰痛や膝の痛み、肩凝りが次々と消えていきました。
 そして私はと言えば、身体のだるさは依然としてあるものの、腰の痛みや肩凝りも消えてしまい、さして気になるところがなくなってきたこと、そして三男が大学に進学するにあたって経済的にも大変になってきたことなどもあって、MRT治良を受け始めて2年がたった頃から次第に足が遠のいていきました。

◆再び腰が痛み出し、MRT治良を再開する

 ところが、それから更に2年が過ぎた頃から「腰が痛いな。身体が重いな。しんどいな」と感じることが日増しに多くなってきました。
 「そう言えば、MRT治良を受けていた頃は、あんなに元気だったのになあ...」とその頃の自分を振り返り、「叔母さんはあれからずっと真面目に治良を受けていて、本当に元気だしなあ...。私も、もう一度MRTに行こう」と思い立ち、歳の瀬も迫る2011年12月21日、約2年振りに予約を入れ、MRT治良を再開しました。
 久し振りに受けたMRT治良で背筋が伸びて腰が伸ばしやすくなり、こんなにも違うのかと、今更ながらMRT良法の凄さを実感しました。
 治良を再開し10回目を過ぎた頃には腰の痛みや違和感が消え、信じられないほどに腰の調子が良くなっていきました。

◆気が付けば、自分を大事にする生き方に変わっていた

3人の息子を育てながらずっと仕事を続けてきた私は、自分のことなど構っている暇などなく、気が付いたら自分の身体はどうしようもないほど疲れていました。結局のところ、腰痛をはじめ身体のあちこちに不調をきたすことで、それまでの私の生き方にブレーキが掛かったのだと思います。MRT治良を受けていなかったら、今もそのことに気付くことなく不自由していたと思います。台所に立っているときも、疲れたなと思ったらしばしその手を止めて、ちょっと横になって身体を休めてみるなど些細なことの積み重ねが、大きな変化を生み出すことになりました。

◆流れに身を任せ、全てを受け入れるようになった

 自分を大事にする日常に変わりはじめたことで、以前のように「ああでもない、こうでもない」と、考え込むことがなくなりました。
 MRT治良を再開する中、主人のうつ病の発症や圧迫骨折による入院、そして3人の息子達についてはなかなか思うように結婚話が進まなかったりなど、家族のことでもいろいろありましたが、以前の私のように思い悩んだりすることがなくなり、流れに身を任せることで「なるようになるさ」と思えるようになってきました。
 その後、息子達3人はそれぞれ良き結婚相手に恵まれ、そして子宝にも恵まれました。職場の人間関係でうつ病を発症していた主人も、タイミングよく人事異動があったことで環境が変わり、自然に症状が消えていきました。悩むことなくその時々の現実を受け入れることで、全てが納まるところに納まっていったという感じです。

◆亡き母と叔母を見倣い、これからも淡々とMRTを続けていく

 大好きだった母が、86回目の誕生日を翌日に控えた今年の6月3日、大往生しました。母は苦しむことなく、そして誰の手を煩わすでもなく、静かに人生の幕を閉じました。今年2月に心不全で入院したのですが、「私はどこも悪くないんよ。病気じゃないんよ。薬も飲まんよ。早く家に帰りたい...」と入院先の病院で、ずっと言い続けていました。ある日、母が大好きなプリンを買って病院へ持っていったときなどは、「ヤッホ~!」と言いながらそのプリンを食べていたほどに、実際のところ母はとても元気だったのです。
 母は昔から薬などは飲まない人で、ちょっと身体の具合が悪いかなと思ったらすぐに横になって休むだけで元気を取り戻していました。いつも、自分の身体は自分で治してしまう人でした。そんな母に育てられた私でしたが、いつの間にか無理を重ねるようになり、体調を大きく崩してしまったことでMRT治良にご縁を頂き、ふと気が付いたら自分を大事にする生き方に大きく軌道修正がなされていました。そしてそれこそ、私の母の生き方そのものだったのです。
 娘である私が自分を大事にする生き方を取り戻したことに安心したかのように、母は逝ってしまいました。そして私はと言えば、淋しさはあるものの「お母さん、あっぱれ!」とその死を静かに受け入れ、そして称えることさえできたのです。
 私をMRTに導いてくれた叔母も、今も定期的に月に2回MRTに通うことで、「しんどいと思うたことなんか、なーんもないよ!」と言うほどに毎日元気一杯、野菜作りに精を出しています。
 この世に私を生み出してくれた母の生き方を見倣い、そして淡々とMRT治良を受け続けている叔母を見倣い、全てに感謝しつつ、これからもMRT治良を受け続けていこうと思います。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
694件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。