体験談のご紹介

最新の体験談

MRT治良を受けて高血圧と 三〇年来のリウマチの数値が減り、 七六歳にして視力が一.五に上がった

  • (MRT恵比寿 76歳 女性 K.K.)
  • 掲載日:2018.07.22

◆腰椎手術後の足のしびれを改善したくてMRT治良を受け始める

 私は三三歳のときに高血圧と診断され、血圧を下げる薬を飲み始めました。
 また、四〇代の頃にリウマチと診断され、医師から処方された薬を飲んでいました。
 七〇歳のときに、腰椎のすべり症と言われ、腰の手術をしましたが、その後に両足裏からふくらはぎにかけてしびれが始まりました。医師から「しびれはなかなか良くならない」と言われ、薬を出されましたが、それを飲んでも一向に良くなる気配はなく、マッサージもしてもらいましたが、そのときだけ良くなったように思っても、すぐに戻ってしまいました。何とかしたいと思い、腰と頭を冷やすという治療法に通いましたが、治るどころか逆に風邪をひいてしまい、納得がいかない気持ちでいました。
 そんなとき、先に通っていた友達からMRTの話を聞き、「あなたも行ってみない?」と誘われ、二〇一六年三月二二日、MRT恵比寿で初回の治良を受けました。

◆初回治良後、足のしびれが減り、気持ちが楽になる

 それまで「仙骨」という言葉を聞いたことがなかったので、初めてMRT治良を受けたときは「珍しい治良だな」と思いました。初回の治良を受けたその日の夜、すごく眠くなってぐっすり眠れ、それまで一番気になっていた足の痛みやしびれが減りました。症状が軽くなったせいもあるのか、気持ちも楽になって爽快な気分になり、「治良に通おう」という気持ちが起きました。
 また、RTの先生方が元気の良いのにもビックリしました。

◆四〇年来の高血圧が改善し、リウマチの血液検査の数値も下がった

 これまでの約四〇年間、私の血圧はずっと上が一五〇~一六〇、下が九〇~一〇〇で、薬を飲んでも下がらない状態のまま過ごしてきました。
 ところが、五回目のMRT治良を受けた頃から血圧が下がり始めたのです。上が一二〇、下は七〇~八〇になり、特に治良を受けた当日は上が一一〇、下が七八ぐらいにまで下がるようになり、これには驚きました。
 そればかりか体力的にも疲れにくくなり、疲れても回復が早くなってきました。肩凝りもなくなり、足がつることも少なくなってきて、精神的にもようやく落ち着いてきました。
 このまま昔の元気を取り戻していけるのだとホッとしたのも束の間、五回目の治良を受けた日の帰り、足の運びが重くなって右のふくらはぎの脇がカクンとなり、転びそうになってしまいました。一人では歩くことができず、友達の腕を借りなければ歩けないほどでした。これはどうしたことかと思っていたのですが、治良一〇回目を過ぎた頃からようやく「身体が軽いな」と感じるようになってきて、立っているのもずいぶん楽になってきました。
 両足のしびれやリウマチの痛みは日によって増したり減ったりを繰り返していましたが、冷たかった手足も段々温かくなってきて、身体が元気になってきたせいか気持ちまで明るくなり、やる気も出てきました。
 そればかりかその後の血液検査で、リウマチの数値が下がっていたのです。リウマチになった四〇代当初はCRP値が四~五あり、薬によって一. 二前後になっていましたが、これも〇.七~〇.八になりました。

◆MRT治良を受け始めたことで、自分のことがわかるようになってきた

 一五回目の治良を受けた翌日、家の中で転んでしまいました。主人の部屋で、足元に置いてあった書類につまずいてしまったのです。
 元々腰椎すべり症の手術をしていましたから、どこかに痛みが出てきてもおかしくない状況だったのですが、その後、現在に至るまで、何の痛みも症状も出てきていないから不思議です。これも、毎週欠かさずMRTに通っているからだと思います。
 二〇回目のときには、症状が全体的に軽くなったことを感じ、自分の体調の変化がよくわかるようになりました。疲れてもすぐに回復するようになり、食欲も増してきました。
 私は元々、友達と出掛けて楽しくおしゃべりしたり、一緒に食事に行くことが趣味だったので、MRTに通い始めて元気になってきたことで、それまで以上に外出の機会が増えました。
 二五回目頃、足の痛みと疲れが出て、また足がつるようになってしまいましたので、そのことをRTの先生にお話ししたところ、「無理していることがなかったですか?」と尋ねられ、日常を振り返ってみました。
 足がつるようになったその少し前には、カラオケの発表会のために忙しい日々を送っていたり、出歩くことが多かったことが思い当たり、身体は正直に反応するのだなということに気付きました。また、ずれていた骨などが元に戻ろうとするときに、仙骨が内側からずれている部分を引っ張って元に戻ってくるために足がつることを説明してもらいました。そのほかに、冷えが原因で足がつることもあると聞き、レッグウォーマーをして寝るようにしたところ、足がつらなくなりました。

◆精神的にクヨクヨしなくなった

 毎週欠かさずMRT治良を受けていましたが、二六回目と二七回目の間、どうしても用事があって二週間治良間隔があいてしまったことがありました。その間は身体がどうしようもなくだるくなってしまい、毎週定期的にMRT治良を受けていた意味が、そのときハッキリ実感できました。それまでも、MRT治良を受けて元気になってきている感覚や、自分の症状が長年のものであることから気長に治良を続ける必要があることは感じていましたが、治良を受けるのと受けないのとでは全く違うのだということを実感することができました。
 私は、周りの人からは「社交的で、ストレスがなさそうに見える」と言われるのですが、実際にはストレスを感じることがあり、「私もこう見えて結構ストレスを感じているんですよ」とRTの先生にお話ししたときに、「そうでなかったら病気になっていませんよ」と言われ、「確かにその通りですね」と思わず笑ってしまいました。また、ストレスをなかったように振る舞うのではなく、感じていることは事実なのだから、自分を細胞次元で一番に大事にすること、身体の要求に従うことの話をしてもらいました。
 MRT治良を受けていることで、精神的にはあまりクヨクヨしなくなり、イヤなことはすぐに忘れ、気分が明るくなっています。

◆七六歳にして視力が上がった!

 二〇一六年九月の健診で、視力が良くなっていました。元々視力一. 〇で良いほうではありましたが、今年、七六歳にして両目とも一. 五と言われ、驚きました。
 その話をRTの先生に報告したら、「それは仙骨治良を続けているからですよ」と言ってくださり、そのときに、「ああそうか、仙骨だったのだ。今までリウマチの数値が良くなったのも、血圧が下がったのも、毎週欠かさず仙骨治良を受けているからだったのか!」と気が付きました。それまでは、確かに最近リウマチの数値も血圧も目も良くなっていることは体感していても、何のおかげで良くなっているのかが、実際のところよくわかっていなかったのです。しかし、RTの先生のお話を聞いて、「そうか、仙骨だったのだ」と一つに繋がり、納得できました。
 また、三〇回目の治良の後は、足の運びの重さが、いつになく軽くて、割と早く歩けました。一緒にいた友達も、「今日は楽そうじゃないの」と言っていました。気分も爽快でとてもうれしく思いました。

◆これからも頑張って続けようと思います

 いつもMRTオフィスの皆さんが明るく元気ですので、パワーをもらっております。
 私は三〇年来のリウマチで長年の症状がありますが、通い始めた頃にRTの先生から「続けた方は必ず元気になっています。仙骨の動きがよくなると絶対に徐々に楽になります」と言われ、心強かったことが印象に残っています。また、何を聞いても、たとえつまらないことを聞いても、気持ちよく応えて頂けるのがとても良いと思います。
 MRTを受けていれば、どんな重い病気でも楽になるのではと思うようになりました。これからも頑張って続けようと思います。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
681件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去37年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。