体験談のご紹介

最新の体験談

交通事故の後遺症から続く腰痛と、 小学校二年生から続く喘息が、 MRT治良で劇的に改善し 人間関係も大きく変わってきました

  • (MRT大宮 48歳 女性 S.C.)
  • 掲載日:2018.04.30

◆腰痛の始まりは交通事故からだった

 一九八五年の四月、一七歳の頃にバイクの後ろに乗っていて車と衝突するという交通事故に遭いました。そのとき両膝からクルクルと回って放り投げられるように転倒し、意識が戻って気付いたときは病院のベッドの上でした。事故の状況は全く覚えておらず、そして全身打撲のために身体全体が痛く、二週間の入院生活を経て動けるようになったことで退院しました。
 三歳からクラシックバレエを続けていて、プロを目指していたのですが、この交通事故を切っ掛けに腰痛が出るようになり、身体を酷使できなくなりました。それからは、いろいろな病院と治療院を巡りましたが完治することなく、二〇一三年四月(四五歳の頃)にMRTを紹介されたときも、もう次に行く治療法がなかったのと、肉体的なものだけでなく精神的にも良い影響を受けると聞きましたので、MRT治良を受けることにしました。
 紹介者より聞いてはいましたが、コトンと一瞬の治良でしたので「こんなシンプルなことで治るのかな」と思いましたが、治良後は朝までぐっすりと眠れ、起きたときには、ハッキリとわからないが何かが変わった気がしたのです。それから日を追って身体が軽くなり、肩凝りも軽くなっていきましたが、同時に左腰にシクシクと痛みが出てきてしまいました。
 また、MRTを受け始めたのが、ちょうど人間関係が変化したときでしたので、一人でいるときは気持ちが沈むことがありました。
 五回目の治良を受ける頃には、精神面で上がり下がりが激しく悔しさ辛さ、イライラがひどく出て、その反面に急に明るい気持ちになったり、やる気が出たりなくなったりもしました。一〇回目の治良になると、これからのことを考えたり自分の行動を見直してみるようになり、今まで自分は他人に振り回されるばかりだったことに気付くことができました。友人関係も急激に変わっていくので、気持ちがそのことに追いついていない自分がいてとても戸惑いました。

◆身体と精神が大きく変化していく

 喘息の症状にも変化が顕れました。私は小学二年生から中学生のときまで喘息が続いていましたが、その後、完治したと思っていたら三〇代になってから、再び断続的に症状が出るようになり、それ以来、吸入器は手離せなくなっていましたが、一五回目ぐらいのMRT治良から症状が軽くなり吸入器を使用しなくなりました。また、顎関節症がいつの間にか治っていたのです。RTの先生より「身体の土台である仙骨が動くと背骨も動き出します。そうするとバランサーであるあごも動いてくるのです」とお聞きして、仙骨は凄い働きをしている骨であることがわかりました。
 二〇回目の頃になると、治ったと思っていた喘息がまた出てきました。声が枯れて目が充血し、何度か症状が強く出る逆行を経ていく度に症状は軽くなっていきました。
 RTの先生から、「治ったと思うとまた症状が出て、堂々巡りをしているように思いますが、少しずつ良くなっていきます」と聞いていましたので、喘息が強く出る度にMRT治良で良くなるのだと安心していました。
身体が大きく変化していく中で精神的にも大きく変化して来ました。まず人に過度に気を使わなくなり、苦手な人には自分を表現するときに、うまく伝えられなくて誤解されることがありましたが、今は上手に表現して自分の意志を伝えられるようになりました。そして相手に対して気持ちを引かず、自分を飾らないでそのまま言えるようになったためか、イライラしていた気持ちが落ち着くようになってきました。
 三〇回目のMRT治良からは腰痛と喘息の逆行が何度も出て辛かったのですが、手足が一年中冷えて体温も三五度台でいたのが、三六度台に上がって来て、身体が動きやすくなりましたので家事が楽にできるようになり、活動的になりました。

◆人間関係も変わってきました

 MRT治良を受けて身体の症状が一段落したと思っていたら、三五回目の治良を受けた後に三度もスマートフォンが壊れました。一時友人達と連絡が取れなくなりましたので、人間関係の整理をさせられているような気分になり、自分に対して好意を持っている人とそうでない人、相性が合う人、合わない人がハッキリしてきたのか、合わない人は仕事を辞めるとか、引っ越しをしていくなどで自然と自分の周りからいなくなりました。
 人間関係を今までは凄く大事にしてきたので、自分と合わない人に対して怒りやイライラがあっても我慢してきました。しかし、イヤなことは我慢しなくてもいいと自然に思えるようになり、友達に対していけないことは、「いけない」とハッキリ言えるようになったことで、自分に無理をせず自分の時間を作るように心掛けるようになり、やっとMRTで言われている自分を中真にして生きることの意味がわかってきました。

◆『水の妖精』が家族の中で大活躍

 MRTで『水の妖精』が発売となり、二〇一六年二月に発売と同時に購入しました。やはり『水の妖精』は期待通りで、『水の妖精』で水素を摂取すると花粉症で鼻の通りが悪かったのがスーッと通るようになり、身体がポカポカと温かくなります。また爪が割れなくなりました。主人の花粉症にも効果が出て、鼻の調子が良いようです。また両親も水素を使用すると疲れが取れるのと、とくに父が気に入っていて髪の毛が生えてきたととても喜んでいることから、『水の妖精』は病気だけでなく、若返りにも効果があることを家族皆が感じています。
 始めは病気治しと思って通い始めたMRTでしたが、振り返ってみると身体だけではなく、精神にも好影響を与えていて意識が変わって行動も変わり、他人に振り回されず自分を中真にした生活ができるようになってきたと思います。
 まだ交通事故からの腰痛はありますが、それも気にならないほどになって元気に動けていますので、幼少から続けていたダンスも趣味で続けていたところ、最近になってオーディションを受け合格しました。それから、またダンスでの活躍の場が広がってきたのを感じています。
これからも、主人と一緒にMRTに通いますので、今後ともよろしくお願い致します。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
671件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去37年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。