体験談のご紹介

最新の体験談

交通事故の後遺症で一日起きているのが辛かった身体が、MRT治良を受けてから元気を取り戻してきた

  • (MRT浜松 45歳 Y.S.)
  • 掲載日:2018.03.12

◆今まで三回交通事故に遭う

 私は一九九四年(二二歳)に交差点で青信号を直進していたところ、信号無視の車にぶつけられました。車ごと飛ばされ助手席側が電信柱に激突し、座席の左半分が大破し、右後部座席もドアごと壊れ、無残な姿でした。命も終わるかと思うほどのそのとき感じたことは、死んでしまえば、今まで築いてきたものは全て崩れてしまい、何も持っていけず、何もあてになるものなどないということです。
 後日、車を見ると、よく生きていたものだと思いました。このときのことを思い出す度に、今、生かされている命を無駄にしないようにしなければならないと強く思います。
 二〇〇六年(三四歳)にも、ほぼ止まっている状態の車に乗っていたときに追突されました。再びむち打ち症になった苦しみから、整形外科、接骨院、鍼灸院、カイロプラクティックなどいろいろな治療法をしました。少しは良くなり、この後遺症から早く抜け出したいと思っていましたが、二〇〇九年に育児、自分の親との同居生活や、仕事で無理をしてストレスが重なり、仕事を辞めて入院しなければならなくなりました。そして退院後はとても疲れやすくなってしまいました。
 二〇一二年(四〇歳)に、そのときも◯対一◯の比率でほぼ止まっている状態の車に追突されてしまい、むち打ち症の治りきっていない箇所に同じような衝撃を受けたためか、身体がだるくて気持ちが悪く、背中や首が凝る、痛いなど症状が慢性化してしまい苦しんでいました。

◆いろいろな健康法や治療を受けてきたが、完全に良くなることはなかった

 今まで受けてきたいろいろな健康法や治療は、そのとき良くても、また戻ってしまうというように現状維持がやっとで、身体が完全に良くなるという実感が持てませんでした。
 そんな中で、以前から情報誌を見てMRT浜松のことが気になっており、記事を切り抜いて持っていましたが、体調が悪く、なかなか浜松駅前にまで行くことができませんでした。
 二〇一六年一一月、自宅の外壁の塗装をすることになり、日中はなるべく外に出なければならなくなり、今の体調では不安を感じたのでどこに行こうかと思ったとき、以前の切り抜きを見て、ふとMRTに行ってみようと思いすぐに予約をしました。

◆MRT治良を受けてから急に変化が起こる

 初回の治良時にRTの先生から説明を聞き、仙骨を治良すれば必ず良くなると感じました。
 二回目の治良後に、子供が私のことを「前より元気そうだね」と言ったのを聞いて、MRTを受け始めてすぐのことなので、はたから見てわかるのだと、とても驚きました。
 仙骨を整えるごとにむち打ちの後遺症が楽になるだけでなく、身体全身の調子まで整うことを実感しました。この頃から、会う人ごとに「元気そうだね」と言われることが増えてきて、久しぶりに会った人からも「前より活き活きしていて明るくなったね」などと言ってもらえるようになりました。
 MRT治良一〇回目の頃から、一日を通して起きている時間が前より長くなり、それまで二時間起きていると背中と首が痛くて気持ち悪く、頭の重みが気になり頭を首が支えていられなく、五分、一◯分は横にならなければいられなかった状態がなくなって、元気でいることに気付きました。これなら再び仕事ができるかもしれないと思い、八年のブランクがありましたが、パートの仕事を探し始めました。元々、社会に出たい、人と繋がりたい、働きたいという気持ちがありましたので、随分と精神面が前向きになってきて、病気、体調、心の健康は全て繋がっているのだということがわかってきました。

◆不思議なことに実母との関係が変わる

 以前から母との会話では、母から言われるとイヤな気持ちになってしまうことが多く、そのため母の言葉をさえぎったり、言い返したりしてケンカが絶えず苦痛でした。
 MRTに通い四ヵ月半たった二〇回目の治良の頃に三八度以上の熱が出ました。このときに、これまでのことで自分も母を苦しませていたことに気付き、反省して謝りたいと心から思いながらも言い出せずにいました。逆行というように、意識が過去に行ってしまったような何か気分の悪い苦しみの熱でした。
 すると、翌日、不思議なことに母のほうから私に謝ってほしいと急に言ってきたのです。
 母と話す機会ができて、私から謝ることができ、母に許してもらえたことをうれしく思いました。そしてこれまでお互いにせわしなくしていて落ち着いて話すこともなかったので、うまく思いを伝えることができず、誤解が多く、すれ違ってしまっていただけなのだと思いました。
 これからは少しずつほぐして、お互いに楽になれるようにしていきたいです。
 その後、熱は一旦下がったのですが、また熱が出て、精神的、肉体的に何か浄化していくような感じがしました。母との関係がここまでくるのに一〇年くらい掛かり、なんて長かったんだろうと思いましたが、心から願っていたら、いつか機会はくると知らされました。

◆MRTに通ったことでわかったこと

 オフィスで開催されている『中真感覚の学び』に参加するようになり、身体の中心を意識することがどんなに大切なことかわかりました。自分と相手の中心を意識して掴むということは心の面でも大切だと思いました。心と身体は繋がっているのだと改めて感じました。
 体調も少しずつ良くなっていて、姿勢も良くなり、元気が出てきました。以前より疲れにくくなり、昼寝をする回数も時間もずっと減り、歩くことが楽しく気持ちの良いものだということも感じられるようになりました。精神面では笑顔も増えて、前より落ち着いてきました。今までは、相手や周りを何とかしなければと思っていたのですが、どんなことでも、まず自分をしっかり整え、波動を高くしていかなければ何事もうまくいかないことがわかりました。
 MRTを受け、視野が広くなった(精神的に)気がします。そのほかに、判断力がついて、取捨選択が早くなりました。どんな物が必要で、どこに何を置けばよいかなどということも、さっとわかるようになりました。これは物の置き方などもMRTで教えて頂いて、小さなことでも実践していったことが大きかったと思います。無駄をなくし整理整頓を心がけ、波動を高くしていくことを大事にしています。
 二〇一七年六月、『MRT生体電流インピーダンス測定機』が導入されたことで測定して頂き、脊椎の骨や筋肉の状態は良いことがわかりました。RTの先生から「これはMRTに通って仙骨のバイブレーションを高めてきたことの結果が出ている」とおっしゃって頂いて、私はむち打ちの後遺症でいた長年の悩みが消えたようで、とてもうれしかったです。MRTに来て、本当に良かったと思いました。
 最近、パートの面接に行き、秋からの採用の内定を頂きました。以前からやりたかった仕事なので、今後は仕事を通して、さらに学んで成長していき、MRTに行くことを楽しみに頑張りたいです。ありがとうございました。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
669件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去37年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。