体験談のご紹介

最新の体験談

ギックリ腰になってから六年間続いた腰痛が、一回のMRT治良で痛みが 消えた。人間関係を含めて自分自身が大きく変わっていくことを感じる

  • (MRT銀座 41歳 男性 東京都 T.I.)
  • 掲載日:2017.06.16

◆子供の頃、幽霊をよく見ており見えない世界の存在に疑問はなかった

 私は子供の頃、幽霊をよく見ていました。小学生のときは都内の大きな団地に住んでいたのですが、中学生まで「落武者の霊」を毎日のように見ていました。姉がいて一緒の部屋で寝ていたのですが、姉もよく幽霊を見ていて、姉弟でそのことをよく話し霊の本などもよく読みましたが、私は霊がいるということを何の疑問もなく、当たり前のこととして捉えていました。この体験は私に大きな影響を与えました。
 見えない世界があることを厳然と知りながら、何を中真に、何を信じて生きていけば良いのかがわからない世界に住み、自分ではハッキリ認識してはいませんが、「中真」という本物を心の底から追い求めるようになっていたのだと思います。

◆小さい頃から、不自由で辛いと感じるときが多かった

 そのほかにも子供の頃から不自由を感じることは多かったです。小学生のときはいじめに遭い、どうにもならない悔しさを感じました。そしてもう我慢できず、あるときやり返してやろうと思い、本気でやり返したら周りの皆が変わり、いじめがなくなったのです。この体験は「この世は自分次第である」ということを強く感じ、自分を中真にすることが大事であることを、ぼんやりとでも感じることができました。
 そして、中学生のときに母を亡くすという大きな悲しみがあり、二〇代で早くに結婚をしましたが、うまくいかず離婚する経験もしました。
 しかしこれらの経験があってこそ、自分は中真を識ろうと中真に向き直ることができたのだと感じます。

◆ギックリ腰での激しい痛みが消え、仙骨の重要さを体験

 二〇代の頃より腰痛があり、六年前にギックリ腰をして腰が重く痛い毎日を過ごしていましたが、会社の同僚からMRTのことを聞いて、すぐに「行きたい」と思い予約をしました。MRTで初めて治良についての説明を受けているときに「身体の中心は仙骨なのです」という言葉を聞いて、自分でも驚きましたが、そのとき身体に稲妻が走ったように大きな衝撃を受けました。それは私が今日この日まで一番知りたかったことだったからです。そして次の瞬間、「これを聞くためにここに来たのだ」と深く納得したのでした。そして、これからが本当の人生の始まりだと喜びと安堵感がありました。
 そして一回目の治良後から、腰の痛みが消えて軽くなり、驚きと共にMRT治良の凄さを実感しました。その後、一〇回目の治良の頃には腰が痛いことを忘れているほど回復していました。私は仙骨を識ったことで、何か救われるような気持ちになり、MRTを続けようという気持ちを強く持ちました。
 このように私がMRTに出会ったことは、一番大事な仙骨のことを識るためであり、これまでままならない人生であったのは、自分の中に中真があることを識らずにいたからと感じています。そしてそれを識ったことで、これからの人生が大きく変わっていくことを感じています。

◆お酒が急にまずくなり自然に飲まなくなる。仕事の人間関係にも変化が

 定期的にMRT治良を受け続けて半年が経った頃、晩酌が好きで毎日欠かさず飲んでいましたが、突然お酒がまずくなったのです。MRT治良を受けているといろいろな変化があると聞いていましたが、お酒に執着することもなく自然にお酒と縁が切れたことで、治良を受けることによるこれからの変化に期待して胸がワクワクしてきました。
 また、この頃に仕事での変化もありました。私は電気修理の仕事をしていてお客様に直接会って話をすることが多いのですが、以前はお客様からの苦情があるだけでなく、怒られたり強くお叱りを受けることが多かったのですが、客層が変わったというか苦情があったとしてもあっさりしていて仕事がやりやすくなったのです。この変化についてRTの先生から「MRT治良を受けることで仙骨のバイブレーションが高まるので、現象も波長の高いものに変わっていきます。自らの波長を高めることで自分自身が快適になっていくのです」と話して頂いて、自分の中で「仙骨が中真なのだ。その中真に働きかけていけば良いのだ」と自然に納得するようになりました。

◆腰痛は中真を識るための切っ掛けに過ぎなかった

 腰痛が切っ掛けでMRT治良を受け始めましたが、自分が本当に求めていたのは「中真」であり、今まで「中真」を識らない不安な人生を歩んでいたことがわかりました。それは今まで私が何が中真かわからないことで迷いの多い人生を送ってきたと感じるからです。
 私は幼い頃から「身体の中心はどこか?」という疑問を抱いていました。それは、五歳のときから中学生まで剣道をしていたのですが、身体を動かす中で「中心」がわからないとうまく動けないという体験を通して、「中心を知りたい」という欲求が自然に生まれていたのだと思います。
 このようにMRT治良を受けることで自分の過去を振り返り、改めて気付いたことが多く、過去に不自由があったとしてもそれがMRTに繋がっていることを感じます。

◆道術に参加して自分を高め「霊止乃道」を歩んでいきたい

 現在の私は『霊止乃道』の御本を繰り返し読み、週一回のMRT治良を淡々と受け、もっともっと中真を識りたい、真実を識りたいという気持ちでいます。MRT銀座の「中真感覚の学び」と「やさしいMRT説明会」に参加して、少しでも中真の自分に近づけたらと思っています。そして私がここまで何とかやってこれたのは、家族や出会う人に恵まれていたからだと思い、これからも頂いたご縁を大切にして中真を歩んでいきます。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
646件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去36年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。