体験談のご紹介

最新の体験談

MRT治良を受けることで坐骨神経痛の激痛が改善したばかりか、不安に囚われず前を向けるようになった

  • (MRT姫路駅前 51歳 女性 兵庫県 M.Y.)
  • 掲載日:2017.02.06

◆坐骨神経痛がひどくなり途方にくれていた

 私は、二〇一二年頃より腰痛やギックリ腰を繰り返し、その度に整骨院に通い治療を受けてきました。二〇一六年には坐骨神経痛がひどくなり、左足に今までに経験したことのない激痛が走って、特に夕方台所に立つ頃になると、呼吸もしづらくなるほどの痛みで立っていることさえ辛くなるので、毎日夕方になっていくことに恐怖を感じていました。
 整形外科のMRI検査では、ヘルニアと脊柱管狭窄症から足に痛みが出ているとの診断で、痛み止め薬の服用や、電気治療、けん引などを受けていましたが、改善することはありませんでした。ほかに何ヵ所かの整骨院でも治療を受けましたが、そのときだけは少し良くなったような気がしても、やはり夕方になると、すぐに激痛が襲ってきました。
 このまま良くならなければ手術になるかもしれない状況でしたが、手術をしても良くならない場合もあることを聞いていましたので、手術だけは避けたいと思っていました。しかし、整形外科や整骨院の治療をいくら受けても全く回復しなかったので途方に暮れていましたところ、知り合いから『月刊MRT別冊号』の冊子を頂いて体験談を読み進めていくうちに書かれている内容に納得し、「この痛みが良くなる方法はMRT治良しかない」と思ったことと、年を重ねるにつれて出てきたその他様々な不調を改善し、もう一度全てが順調に回る身体に戻りたいと期待して、MRT治良を受けることにしました。

◆自分を大事にしてなかったと気付いた

 最初に治良を受けたときは、痛みもなく、「こんなことで良くなるのかな?」と言うような狐につままれたような感じでしたが、「これなら苦痛なく通えそうだ」と安心できました。
 四回目の治良後から、夕方の痛みが激痛ではなくなり、夕食を作るのに一時間ほど恐怖なく立っていられるようになってきました。その後、膝、肘、足首、手の指の関節などに痛みが順々に出始めてきては消え、「これが逆行か?」と思いました。
 子供を出産してからこれまで二五年間、三人の息子達の子育てが最優先で、少しの不調のサインは何度もありましたが、なんとか回復した(私は大丈夫)と思っていたので、細胞の声に耳も貸さずに自分を大事にしてこなかったこと、そういう無理を重ねてきたことで、とうとう身体が耐えられなくなっていたことに、MRT治良を受けてやっと気付くことができました。「家族のために」と無理を続けて身体を壊したら、逆に迷惑を掛けてしまうから、まずは細胞の声を聴いて自分自身を一番大切にしなければならないということを理解できるようになりました。

◆行動する意欲も出てきた

 更年期もあり、何をするのも億劫に感じ、その上足の痛みで最小限の家事さえもできないこともありましたが、一〇回目の治良後には、最小限の家事に加えて以前は好きでよくやっていたお菓子作りなどプラスのこともしてみたくなってきて、実際に行動できるようになりました。本当は出掛けたり、いろいろなことに挑戦することが好きだった以前(四~五年前)の感覚がなんとなく少しずつ戻ってきつつあります。興味のある講座を受けたり、お料理教室など習い事も再会しようという意欲も出てきました。無理をして疲れ過ぎるとそれが痛みとなって現れたりしますが、自分で「無理をしているな」と気付くことができ、不安に思うことも少なくなりました。
 私からRTの先生に「少し良くなり、こんなことができました」という報告をすると、RTの先生からは「まだまだこんなものではないですよ」と笑顔で言って頂き、自信に繋がっています。
 また「骨が折れたり、出血しているとき、膿を持っているとき以外は少々痛くても自分のためにたくさん歩いてください」というRTの先生の言葉を思い出し、毎日七〇〇〇歩~八〇〇〇歩を目標に仙骨が動いているイメージをして歩くようになりました。

◆不安感が減り、前を向けるようになってきた

 時には不安な気持ちになってしまうことがありますが、RTの先生にお聞きすると、「仙骨はもう動き出しているので、そんなときは仙骨に手を当てるだけで落ち着いてきますよ」と教えて頂き、今でも以前のように心配性な私が顔を出すときには、仙骨に手を当て「大丈夫、大丈夫」と唱えるのが習慣になっています。
 MRTに来る前のここ四、五年は特に不安で心がザワザワ落ち着かない感じがしていたのですが、仙骨が動いているイメージを持つことができるようになり、不安に思うことはまだまだありますが、不安に思っている時間が短くなり、前を向けるようになってきています。そして頑張ってくれている身体に動いて当たり前と思うのではなく自然と感謝するようになってきました。
 最近車に乗っていて追突されたのですが、以前だったら「運が悪い」と思う私だったのですが、被害者の立場であっても「そういうことに遭遇するということは何か自分自身も振り返らなければならないことがあるのだ」と捉えるようになりました。

◆『水の妖精α』を購入して

 『水の妖精α』を二〇一六年八月に購入させて頂き、家族で使用しております。一八歳の息子は二年数ヵ月の間、薬を飲んでいても匂いを感じないひどい蓄膿症で病院では手術を勧められていましたが、水素を毎日三〇分~六〇分摂取三日後には石鹸の匂いを感じるようになり、一週間後にはあらゆるものの匂いがわかるようになって、ご飯もおいしく食べられるようになりました。
 私も以前だったらすぐに整骨院で治療を受けないとギックリ腰まで進んでしまっていた腰痛が、とりあえず水素を摂取することで穏やかに治り、年に四~五回起こしていたギックリ腰をMRT治良と早めの水素の摂取でMRTに通い始めた三月より一度も起こさずに済んでいます。これからも仙骨治良と水素を信じ家族皆が笑顔で元気で過ごせるようにと願っています。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
635件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去36年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。