体験談のご紹介

最新の体験談

数回のMRT治良で便秘が改善、生理痛も軽くなる。新月に自分の溜めていた想いがあふれ、その後、人を恨む気持ちがなくなった

  • (MRT京都 46歳 京都府在住 H.Y.)
  • 掲載日:2015.05.29

◆子供の頃から便秘がひどく、生理痛もひどかった

 私は小学校の低学年のときから便秘がちで三日に一度あればよいほうでした。中学生になって生理が始まったときから生理痛があって、とても憂鬱だったことを覚えています。高校受験のストレスからか便秘はひどくなり薬を使っても週一回くらいになっていました。同じように生理痛もどんどんひどくなっていき、生理の周期もバラバラで二週間で来たかと思うと、半年くらい来ないときもありました。大学生になって受験から解放され気持ちが楽になったのか、生理の周期は安定し生理痛のほうは少し落ち着いたと思っておりました。しかし、卒業して結婚後、すぐに暖かいN市から寒いK市へ引っ越したことが原因で、再びひどい生理痛が始まりました。生理が始まると、腰痛、頭痛から吐き気までするようになって、ほとんど動けなくなります。義理の母は性格がきつい人で、私とは全く気が合いません。更に子供ができないことで、ひどい暴言を吐かれたりしました。精神的ストレスからか生理痛も良くなるはずもありません。その後夫の転勤で何度か引っ越しをして二〇一〇年に京都市に来ました。病院もそれに合わせて転々とし、薬などもいろいろ変えてみましたが、効果らしい効果はなく、鬱々とした日々を過ごしていたのです。
 そんなある日、たまたま電話で話していた大学時代の友人から「最近、ネットで知ったのだけど、ここなら、あなたにもいいんじゃない。仙骨(せんこつ)で検索してみて」とMRT京都のホームページを紹介されました。そのホームページの体験談には生理痛や便秘のことも載っており、元々薬や医者が好きではありませんでしたので、受けてみることにしました。

◆数回のMRT治良で長年の便秘が解消

 初めてのMRT治良は、ホームページで読んではいましたが、本当に一瞬で痛くもかゆくもなく、治良後は「本当かな?」という態度がありありだったと思います。見抜かれたようで「これだけで三三年です。効果がなければとうの昔になくなっているでしょう。続いているということは効果を感じた方が、ご友人や親族の方をお連れになるからです」との言葉があり、「本当にそうだ、これで嘘なら悪い冗談だ」と思いました。
 治良後、『センコツくん』に乗るとなんとなく身体が軽いように感じ、心なしか目の前が明るくなったようでした。MRTオフィスを出てお昼ごはんを食べるとすぐにお腹がゴロゴいいだしトイレに行きました。昔からひどい便秘症で、このような時間、ましてや初めての場所でトイレに行きたくなることなど今までなかったことでした。二回目のアンケートで「便がよく出た」とあり、「ああ、やっぱりMRTの効果であった」と確信し、とてもうれしくなりました。そして、初回治良日を境に、お通じはMRTを知る前はよくて一週間に一度でしたが、その日から三、四日に一度に変わり、大変驚きました。

◆仙骨(せんこつ)を動かすことを生活の中に取り入れた

 生理痛は、毎月ひどかったのですが、治良回数一〇回目の後にきた生理では、痛みがほとんどなく大変驚いたのです。しかし、「良くなった」と思い調子にのってスキーに出掛けました。だいぶ冷やしたこともあり、次の生理は再び寝込んでしまいました。RTの先生からは「原因もなく、症状が強くなることはありません。今回の原因は冷えだとわかったのですから、行動を変えていきましょう。悪くなるのは一瞬ですが、良くなるには本当に薄紙一枚剥がすように少しずつなのです。まだ、受け始めたばかりなのですから、とにかく今は、仕事も家事も自分の細胞に聞いて、心地よい範囲でやってください」と教えて頂きました。
 その後、仙骨(せんこつ)の動きをよくするために、教えて頂いたようによく歩くことと、雨や雪で歩けないときは足踏みをするようにして、とにかく仙骨(せんこつ)を動かすことを生活の中に取り入れました。また、「足先を冷やすと冷たい血液が全身をめぐることになるから、下半身を冷やさないようにすること」と教えてもらいました。身体を冷やさないように、今まで年寄り臭くてイヤだったスパッツを履くようにして、それでも冷えるときは腹巻もして身体を冷やさないように工夫しました。すると生理痛は次第に良くなって、MRTを受け始めて四〇回目くらいには、生理痛はあるものの以前のように寝込んだり、「また生理か...」と憂鬱な気分になることもなくなりました。
 またお通じは、五〇回目が過ぎ手足の冷えが改善されてきた頃からほぼ毎日出るようになりました。旅行で知らないところに行ったときは二日に一回となる程度で、もはや便秘薬を飲むこともなく過ごせるようになり、大変ありがたいと思っています。

◆新月を境に溜めていた想いがあふれ出た

 精神的な変化は、「明るくなった」と人から言われることと、最近になって逆行とは聞いていましたが、新月の度に、昔のことが思い出され、自分がいかに自分の心を偽っていたかに気付き、ひどい恨みを姑に対して抱いていたことに自分自身驚きました。振り返ってみますと結婚してから、お姑さんに気を使い、何か言われると自分を押し殺して、我慢に我慢を重ね、恨む気持ちになってしまったと今の私ならわかるのです。
 特に二〇一四年一〇月の新月にバーッと涙があふれました。次の日にはオフィスに行き、隠していた姑のことなど涙ながらに話をさせてもらって「そうですか、頑張っていたのですね。私に話せたのですから、もう捨てたのです。だからそれを掴まずに、理解に繋げていきましょう」と言って頂きました。その後も、何度か繰り返し想いが出てきていました。「自分は、何でこのようにひどいことを思ってしまうのだろう」と自分を責めていましたが、「一回や二回捨てただけで済むような簡単ものではないのですね。浜岡さん一人ではなく皆、そうなのですから、安心して自分のやりやすいやり方で吐き出していきましょう」と言って頂き、自分一人ではないという言葉で凄く安心しました。それから「簡単なもので病気になるはずがない。大きなものを持っていたのだから、慌てても仕方がない」と思い、教えて頂いた通りに頭ではなく「仙骨(せんこつ)、仙骨(せんこつ)」と仙骨(せんこつ)を意識するようにしました。
 何度か出ていく大きな想念の波がありましたが、次第に小さくなりこの精神的な逆行が終わると、「結局、自分が勝手に人に気を使っていただけか」とフッと思えるととても気持ちが楽になりました。姑はきつい人ですが、前ほど気にならなくなり、二〇一五年の正月に会いましたが、夫から「おまえが明るくなっていて安心したと言っていたぞ」と聞いて、姑は姑なりに私に気を使っていたことを知って、今までの胸のつかえが解けていきました。このように人を中真にしてしまうといかに不自由するかを、何年も掛けてやっと理解できたのだと思います。
 まだ、想いが残っていると思いますが、更に捨てて本当に思い残すことがないところまで捨てて、本当の自分で歩んで行きたく思います。
 今後もどうぞよろしくお願い致します。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
692件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。