体験談のご紹介

最新の体験談

周りの人の目や評価を気にしすぎて他人に振り回される不自由から、自分を中真に生活できる人生になりました

  • (MRT大宮 45歳 女性 A.O.)
  • 掲載日:2013.11.07

◆子供の頃から人となじめない苛立ちを感じていても、どうしていいのかわからなかった

 私がMRTに通い始めたのは、都内で保育士として働いていた一九九六年のことです。私は、子供の頃から、自分のことをうまく表現することができず周りの目ばかりを気にしていて、どこか窮屈な伸び伸びとできない、何かモヤモヤとした感じを持ち続けていました。そして何に対しても自信が持てませんでした。幼稚園の頃には既に、周りの子とうまくなじめなく、自分は他人よりも劣っているのでは...、と思っていたのを憶えています。友達はできましたが、やはり一人で鉄棒やトランポリンで身体を動かしているほうが楽だった気がします。
 それでも小学校に入ると気の合う友達もできて一緒に遊んだり、学年が進むと部活動を頑張ったりと一見、普通に過ごしていましたが、どこか自分が本来の姿ではなく、不自然だと感じていました。それは短大を卒業して就職してからも同じで、「このままではイヤ、なんとか今の殻を破って自分が変わりたい」と漠然と思っていました。

◆私を内面から変えるMRTにやっと巡り会いました

 そんなときに、職場の先輩が腰痛でMRTに通い始め、師尚の御著書「医者がお手あげの病気は仙骨(せんこつ)で消せ」を貸してくださり、MRT治良を初めて知りました。御本を読み進めていくうちに、直感的に「これで私は変わるかもしれない」と思いMRTオフィスに予約を入れました。その頃は、肩凝りや仕事で痛めた腰痛、軽い花粉症などの症状がありましたが、どちらかというと精神的な面を改善したいという気持ちが強かったのです。
 初めて治良を受けたときは、先輩からお話を伺っていたもののあまりにも一瞬で驚きました。それでも身体がすぐに軽く感じて、帰りに明るい気分でデパートに寄ったのを覚えています。それからは、とにかくMRTに通ってみようと思いました。
 当時は真面目に仕事に向き合っていても、思うように成果が出なかったり、また保護者対応や職員間での人間関係の難しさなど常にストレスを抱えていて、些細なことをクヨクヨ気にする性格で何かあるとすぐに落ち込んでいました。一方で自分に自信がないために、周りを気にして「もっと頑張らなきゃ」「もっと仕事がちゃんとできるようになりたい」といつも力が入っていました。通い始めの頃はそんな悩みや不安を毎回のようにRTの先生にお話ししたり質問して、気持ちがラクになって帰るのですが、長い時間を掛けてつけた癖はなかなか抜けず、すぐにまた力を入れて、うまくできない自分を責めたり無理を重ねていました。
 それでも、治良を重ねるうちに以前よりは気持ちを明るく持てるようになり、仕事でも少しずつ自信がついてきました。
 それから二〇〇一年には大量の鼻血が出てなかなか止まらない日が続いたときには「子供の頃に耳鼻科でもらって使っていた鼻の薬が出たのですね。ものすごく強い薬なんですよ」と教えて頂き、耳鼻科に通っていたのを自分でも忘れていましたが、私も不安にならずに、そのまま出しきって止まるのを待てました。「治す順番は身体が決める」と以前にお聞きしていたので、ああ今、過去の古傷を治している逆行が出ているのだと実感できました。今でも肩凝りや首の重さなど出てきますが、長い時間を掛けて悪化させた症状は消えるのも時間が掛かるとお聞きしていますので、無理をしないようにと向き合っています。
 身体にも様々な症状が出ては消えていきました。顔中に湿疹が出て、強い痒みとひびわれから血がにじむこともありました。子供の頃から肌が弱く何度も皮膚科で、顔に薬を塗っていて、そのときの逆行が出ていると教えて頂きました。顔なので、さすがに「イヤだな。早く良くならないかな」と思うときもありましたが、清潔を心掛け、『MRTミネラルケトル』で沸かした水のスプレーをかけて、薬には頼らず約半年で普通の状態に戻りました。このときにRTの先生に「自分の中の力を信じてよく頑張りましたね。症状は自分で治すものですよ」と話して頂き、すごく勇気が湧いたのと「自分自身を誉めました」と明るく答えたのが印象に残っています。

◆交通事故を切っ掛けに、大きく生活を転換しました

 二〇〇三年一月に朝の通勤中に交通事故に遭いました。私が自転車で横断歩道を渡っているときに交差点で左折してきたトラックにはねられたのです。不思議だったのは、身体が倒れながらも仙骨(せんこつ)と頭を強打しないようにと意識でき、ゆっくりと道路に落ちた感覚でした。トラックとぶつかったにも関わらず、大ケガはまぬがれましたが、二〇代の頃、首をスキーで転んで痛めたことがあり、あまり状態の良くなかった首をさらに痛めて動かせなくなり、一ヵ月ほど仕事を休むことになりました。RTの先生に「このままではいけない。今の自分の状況を見直しなさいというお知らせですよ」とお話しして頂き、私自身もそのことを強く感じました。少し仕事に自信がついてきたら、今度は、あれもこれもと自分の立場以上の仕事を引き受けるなど、当時は残業を自宅に仕事を持ち帰ることも多く、心身共にオーバーワークになっており、周りに認められたいという気持ちも強かったのだと思います。「自分を中真に」「自分を大切に」と何度もお聞きし、目にしていたにも関わらず、「自分はわかっていなかった! 周りや仕事ばかりに中真を置いていた」ということにやっと気付きました。相手のトラックの運転手は全く私の姿に気が付かなかったそうです。その話を聞いても相手に対して怒りの感情はわかず、ただただ「今の自分を見直す」ために事故に遭ったのだと理解しました。
 その後、仕事に復帰しましたが、首や腰の痛みが消えず、もういままでのような無理な仕事量はできない状態だと思いました。そして、一度ちゃんと今までの生き方をリセットしようと決心し、事故から一年後の二〇〇四年三月に退職しましたが、仕事でやりきった感もあり、辞めることに迷いはありませんでした。その先のことは何も決めていませんでしたが、不思議なくらい不安はなく、すがすがしい晴れやかな気分だったのを覚えています。

◆自分自身を責めるのをやめて、自分をもっと大切にする思いがあふれてきました

 仕事を辞めてからは心身をリラックスできる環境に移って、自分を大切にすることを実践しようと思い、二〇〇五年に神奈川県の逗子市に引っ越してMRT横浜に通い始めました。毎朝海岸で砂浜を一時間ぐらい歩き、時には海に足を浸けたり、のんびりと海を眺めたりと、以前の仕事一色でギスギスしていた自分とは別人のような生活です。また、オフィスで開催される「中真感覚の学び」にも参加するようになりました。初めて参加した後も、ものすごく気持ちがさっぱりとして明るい気分になったのがとても印象的でしたので、続けて参加したいと思いました。それまでは、初対面の方と話すのが苦手だったのですが、気が付くと学びに参加されている方々と気負いなく話せている自分に驚き、それは日常生活の会話でも力が入らなく自然に人と接するようにできたのでした。
 友人や家族にも「顔色が良くなった」「元気になったね」とよく言われました。元々旅行が好きだったのですが、しばらくぶりに一人旅や友達と温泉に出掛けたりし、自分のために時間を過ごしました。そんな中で、これまで、いかに自分の内なる声を無視して周りばかり気にしていたか、大きく中真を外した生き方をしてきたかを実感し、過去の様々な出来事も自分が作り出していたのだとわかりました。そしてこれからは周りに囚われるのではなく、自分を中真に自分に優しくして行こうと決めました。「自分を責めてばかりいてごめんね」「自分を大事にしてこなくてごめんね」と素直に思えて、たくさんの涙が流れて流れて、そして内側から自分がどんどんラクになっていくのが心地よかったです。

◆夫婦二人でMRTに通っています

 そして二〇〇七年の秋に今の主人と出会い、二〇〇九年に結婚し主人が住んでいた群馬で暮し始めました。二〇一一年からは主人も一緒にMRT大宮に通うようになりました。「やさしいMRT説明会」にも何度も参加させて頂いています。往復五時間の道のりを交代で運転しながら、二人でMRTに通っています。帰りの車の中では、RTの先生に伺ったお話を自分達の日常で起きた出来事や感じたことに照らし合わせて話したり、紐解いたり、理解に繋げる貴重な時間となっています。またどちらかがぐっすり眠ってしまうこともよくあります。そして毎朝二人で歩き、朝日を浴びて一日をスタートさせています。

 今回、体験談を書いてみてはというお話を頂いたときに、以前のように頭で考えすぎて、どうしようか私が迷っていると、主人が「せっかくの機会だから書いたほうがいい。自分も一緒に手伝うから」と背中を押してくれ、書く決心がつきました。夫婦でMRT治良を受けているからこそ、出てきた言葉だと思います。二人で通うようになって、気持ちがより明るく軽くなってきているのを感じ、以前のクヨクヨしがちな自分とは別人のようです。
 もちろん、まだまだ昔の癖が出てきて、周りに中真を置いたり、考えすぎたりすることもありますが、そんなときも互いに「それはズレちゃったよ」「自分を大切に」と声を掛け合うことで気付きが増えてきました。
 これからも夫婦でMRTに通いながら日々、目の前の現象を理解に繋げて、自由自在になっていけるように淡々と進んで行きたいと思います。
 今後とも、夫婦で二人三脚で行きますのでどうぞよろしくお願い致します。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
692件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。