体験談のご紹介

最新の体験談

MRTに通ううちに、長年の腰痛と胃痛が改善され、元気な赤ちゃんを授かりました

  • (MRTアリオ蘇我 30歳 女性 Y.M.)
  • 掲載日:2010.06.23

◆長年の腰痛と胃痛を改善したくてMRTに通い始める

 私は、高校生のときに椎間板ヘルニアと診断され、それから病院、鍼治療、整体、カイロプラクティックなど、いろいろな治療を受けましたが、ほとんど改善されませんでした。

 また、胃は幼少期から弱く、なにか心配事があるとすぐに胃の痛みが出てしまい、何度も病院で胃カメラを飲んで検査を受けていました。

 「長年患っていた腰痛と胃痛を改善するのに何かよい治療法がないかな?」と思い、いろいろな情報誌を見ていたなかで、たまたま目にした千葉県の情報誌にMRTの記事が載っていて、腰痛と胃痛だけでなく、婦人科系の症状にも効果があることに興味をもちました。結婚して約一年が経ち、「そろそろ赤ちゃんが欲しい」と考え始めていたこともあり、直感的に「この治良だ」とピンとくるものがあったのです。

 そして、早速MRTに予約の電話を入れて、二〇〇六年三月に初回の治良を受けました。

◆初回治良の翌朝に、主人から「今朝は、元気だね」と言われてMRTの効果を実感する

 初回の治良後には全身に様々な変化が顕れてきました。治良直後から身体が軽くなり、肩凝りも軽減したように感じました。更に、気分が爽快になり、自然と明るい気持ちになっていました。一回しか受けていないMRTのことはよくわからなかったのですが、感覚的に「この治良で必ず元気になる」という確信を持ちました。

 また、MRTを受けた帰りに、パン屋でパンを選んでいるときに、思わずその場で寝てしまいそうな眠気が出てきました。そして、早目に帰宅してその夜は、朝までぐっすり眠れました。

 翌朝、MRTを受けたことを知らない主人から「今朝は、やけに元気だね」と言われて、MRTの効果をさらに実感したのでした。

◆治良を重ねる度に、全身に様々な変化を感じる

 その後、治良を重ねる度に、全身に変化が出てきました。肩凝りは初回の治良後からどんどん楽になり、腰痛にも変化が顕れ、五回目の治良の頃には、痛みが軽減して歩くのがとても楽になりました。

 RTの先生に「仕事が忙しいので治良の間隔を開けてもよいですか?」とお聞きしたときに、「仕事が忙しいから、MRTに来れないというのは、本来はおかしなことですよ。まず自分の身体が一番大切なのだから、自分が元気になることを一番に行動してみてください」と言われて、その通りだと納得しました。そして、RTの先生から言われた通りに、最初の一ヵ月間は週に二回のペースでMRTに通いました。

 また、私が「頑張ります」と言うとRTの先生に「頑張り過ぎないようにすることを頑張ってくださいね」と言われて、とても気持ちが楽になったことを覚えています。

◆胃の逆行を経験した後に、胃痛が消えて楽になる

 胃痛は、しばらく改善されずにいましたが、一〇回目の治良を受けた二〇〇六年五月頃、帰宅後、急に激しい胃痛に襲われ、思わずその場にうずくまってしまいました。とても驚きましたが、その日のうちにその激痛は消えてしまい、「一体、あの激痛は何だったのだろう?」と思っていましたが、後からそれが逆行であることを知りました。それ以来、あれほど辛かった胃痛が消えてしまい、とても驚いています。

 胃の逆行を経験した後に、身体のどこかが痛くなったり、症状が出ても「これは逆行だから、逆行が終わったらもっと良くなるんだ、もっと元気になるんだ」と感じて、逆行で痛みが出ても不安を感じることがなくなりました。

◆ゼロショップで働くことになる

 MRTに通っているうちに、働いていた職場に違和感を覚えるようになり、会社を辞めてしまいました。そのことをRTの先生にお話ししたところ、中真感覚で厳選した商品を販売するゼロショップのスタッフを募集していることを聞いて、そこで活き活きと働かれているスタッフの皆さんの姿を見ていましたので、何の迷いもなく二〇〇六年七月からゼロショップで働かせて頂くことにしたのです。

 今、振り返ってみれば、自分の仙骨のバイブレーションが高まってきた結果、自然の流れでゼロショップで働くことになったと理解しています。

◆赤ちゃんは作るものではなく、授かるものであることを体験する

 MRTに通って、生理前の胸の張りや辛かった生理痛が消えて、妊娠する準備が整ったと思っていても、赤ちゃんは、なかなかできませんでした。

 そのことをRTの先生にお話ししたところ、「赤ちゃんは作るものではなく、授かるものですよ。そして、欲しいと思っているときには逆に授からないのです」というお話をお聞きしたのですが、私には欲しいと思わないようにすることがどうしてもできませんでした。「それなら一生授からないのかも・・・」という気持ちになり、自暴自棄になったこともあります。

 その当時、肉親や親戚から「もう、そろそろ赤ちゃんを産まないの?」と言われ、その言葉に異常に反応している自分に気付きました。そして、なかなか授かることができずに、落ち込んだり、傷付いたりしていました。

 毎月、生理が来る度に「妊娠していない」と落ち込んで、「赤ちゃんが欲しい」ということばかりを考えていましたが、二〇〇六年一二月のある日、ペットショップでとても可愛い仔犬を見つけて、飼うことにしました。そして、「この犬がいるから赤ちゃんはしばらくいなくても大丈夫」と本気で思い始めたその月に、なんと妊娠が判明したのです。MRTで言われた「欲しいと思っているときには授からない」という言葉の意味を理解することができました。

 そして、妊娠してからも、MRTを定期的に受けて、つわり、逆子になることも一切なく、順調に過ごし、出産の四日前まで元気に仕事もできました。二〇〇七年九月の出産日当日には、分娩室に入って三〇分ちょっとで元気な男の子を無事に出産することができ、担当の医師から「初めての出産なのに、驚くほどスムーズでしたね」と、とても驚かれました。

◆ゼロショップに復帰して活き活きと過ごしています

 今は、育児に追われる日々ですが、二〇〇八年四月よりゼロショップにも復帰して、元気に働いています。

 先日、子供の体調が悪いことをRTの先生に相談したところ、「『育児』は、『育自』という意味もあります。子育てを通じて、いろいろなことに気付き、自分も育んでいくのです。親が不安定になってしまうと子供はますます不安定になってしまいますから、まずは自分自身の中真を安定させて、お子さんと接してみてください」というお話をしてくださり、気持ちがとても楽になりました。

 これからも『育自』を通じて、自分自身を成長させていきたいと思っております。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
692件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。