体験談のご紹介

最新の体験談

死に逝く前に死後の世界を見て来た父親の姿から家族全員が理解を深めた

  • (MRT博多 58歳 女性 M.K.)
  • 掲載日:2011.09.07

◆壮絶な介護の始まりは、理解への入口となる

年の瀬もいよいよ押し迫まり、お正月の準備に追われていた昨年(二〇一〇年)の暮れ、同居している私の父と母が時期を同じくして脳梗塞で倒れ、入院致しました。幸いにも二人とも症状は軽く、後遺症が残ることもなく、年明けには二人揃って退院できることになり、ほっとしたのもつかの間、父が癌であることがわかり、引き続き、病院で癌の治療を受けることになりました。
ところが父は、「すぐ退院して自宅で療養したい」と言いましたので、本人の希望通りに、母と一緒に父も自宅に連れ帰りました。父と一緒に脳梗塞で倒れて入院していた母も認知症を患っていましたので、私と二男が中心となって、自営業を営みながら二人の介護に明け暮れる毎日が始まりました。二男を始め、同居している長男、嫁いでいる長女もMRT治良を受けており、仕事や家事の合間を縫っては、介護の手助けをしに来てくれていました。
二人の介護をすることになった当初は、正直、「このまま入院してくれていたら、どんなにか楽だったのに...」という想いにさいなまれましたが、介護に明け暮れる日々が続く中、このようにして父と母の介護をするのも、決して偶然ではなく、自分で決めてきたことが展開しているということを、次第に実感するようになっていきました。
しかしながら、朝も夜もなく続く二人の介護の日々は過酷で、もし介護する私達皆がMRT治良を受けていなかったら、気が狂っていたかもしれないと思うほどでしたが、このような現象を観るのも過去からの父との因縁があってのことと、誰とはなしに皆が自然に理解し、介護を続けていました。

◆死の恐怖から解放されて、あの世から還ってきた父

そのような日々が続いていた二〇一一年六月のある日、突然父の意識がなくなってしまい、驚いた私は父の耳元で、「お父さん! お父さん!」と、何度も何度も繰り返し父を呼びました。
その声が届いたのか、しばらくして意識が戻った父は「帰ってきたくなかったけれども、ワシを呼ぶ声がしたので、戻ってきた。あんな良いところだったら、もういつ死んでもよいから...。本当は、戻ってきたくなかった。もうこれ以上、みんなに迷惑を掛けることはできないから、入院するから病院へ連れて行ってほしい」と私に話し、それから二日後に入院しました。
そして、その翌日(六月一四日)、私がMRT治良に行った際に、「父は、あと一週間ほどと言われている。死に逝く父にどのようなことを伝えたらよいのでしょうか?」とRTの先生に尋ねましたところ、「人間は霊魂の存在であること。もうすぐ肉体を脱ぎ捨ててあの世に逝くこと。肉体は亡くなるけれども、魂は永遠に生き続けること。生涯、お父さんに付き添ってこられた守護霊、守護神が逝くベきあちらの世界に連れて行ってくださることを、お父さんの耳元で魂に響くように伝えてください」と話して頂きました。そしてその翌日(六月一五日)の午前中、病院に行った私は、RTの先生から聴いたことを、既に意識のない父の耳元で伝えました。
そしてその日の午後、その話を聴いて納得したかのように、父は静かに逝きました。葬式を執り行ったお坊さんが、「癌で亡くなられた方で、こんなにきれいな顔をして亡くなる方は非常に珍しい」と、大変驚いておられたほどに、きれいな顔をして逝った父の顔を観て、何か大きなものが落ちたような気がしてなりませんでした。

◆全力を尽くしたところに、「神が助来る」

家族全員で、父を看る意味を理解しながら全力で介護することができましたので、父について思い残すことが一切なく、スッキリとした気持ちで見送ることができました。私と一緒に中心となって介護してくれた二男は、「まるでレールの上に乗せられ、祖父の死とともにそのレールからまた降ろされたような、そんな気持ち」と表現していました。それもこれも、父の宇司露の方が、父をあの世へ一度連れて行ってくださり、安心していけるところだということを前以て観せて頂いたことにより、この世の執着を断ちやすくして頂いたからだと観じました。
実際に、一度意識がなくなり、あちらの世界を観てくるまで、父は何としてでも生きなければという意識が非常に強く、食欲もないのに生きるために無理矢理食べ物を流し込んでいたほどでしたが、あちらの世界に逝ってこちらに戻ってきてからは、人が変わったように生きることへの執着から解放され、安堵した父がいました。父の介護、そして死に逝く姿を通し、全ては決まっているということを理解して全力を懸けていくところに、父はもちろん、父に関わった家族の皆が揃って大きなものを捨てることができたことを観じました。
認知症の母の介護はまだ続いておりますが、これからも、家族と共にMRT治良を受け続け、日常のことから種観霊を重ね、理解を深めて参ります。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
692件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。