体験談のご紹介

最新の体験談

薬や各種療法でも一向に改善の見られなかった更年期障害が、初回治良後から大きく変化しました

  • ( 48歳 女性 T.W.)
  • 掲載日:2010.06.23

◆更年期障害と診断され体重も五四㎏からに四六㎏まで落ちる

 その症状は、二〇〇四年六月の中旬に何の前触れもなく現れました。突然、眠れなくなり、些細なことで不安になり、音にもとても敏感で、全身のほてりと耳鳴り、身体がとても重く、自分の身体や心がコントロールできなくなり、何か不安なことがあると胸がバクバクして頭がグーッと締め付けられるようになりました。毎日、夕方になると息苦しくなり、五四㎏あった体重も四六㎏まで落ちてしまいました。

 病院では更年期障害、不安症、自律神経失調症と診断され、毎日、四種の漢方薬と安定剤など、半年間飲みましたが良くならず、少しでも良くなりたい一心で整体、鍼治療、宗教、サプリメントといろいろなことを試しましたが何も変わりませんでした。

◆「この治良に懸けてみよう、仙骨に秘められた力を信じて続けみよう」

 少しでもいいから前の自分に戻りたい、とにかく薬を手放したいという思いでいっぱいでした。そんなとき、知人から仙骨治良のことを耳にして、インターネットでMRTに出会えました。

 今まで、数々の療法や薬物を使っても、これといった効果があげられていないこともあり、MRTへ行くのも凄く不安でした。

 初めてMRT治良を受けたときは、あまりにあっけなく治良が終わってしまい、「エッ、これでだいじょうぶ?」と思いました。しかし、いろいろなことをやっても良くならなかった私が、RTの先生の説明をお聞きして、「この治良に懸けてみよう、仙骨に秘められた力を信じて続けみよう」という、とても前向きな気持になっていました。

 そして、治良後に身体が軽くなり、歩くのが楽になって足が前へ前へと出るのを強く感じたのでした。家に帰ってからも食べる物がとてもおいしくなり、初回で息苦しさが取れとても楽になりました。 

◆薬物のリーディングテストを切っ掛けに、安定剤を手放す

 MRTの治良を受けた後は、身体がだるくなり、よく眠くなりました。そしてその後、調子の悪かったときと同じような症状が次から次へと顕われてきました。でも、不思議と不安はありませんでした。内なる自分は「大丈夫!」ということをわかっていたからでしょう。

 頭痛、腹痛、急に身体が熱くなったり、寒くなったりする、ホットショットと呼ばれる状態に陥ったり、突然凄い汗をかき始めることもありました。その中でも一番辛かったのは、眠れないときでした。また元に戻ってしまうのかなと思いが出てきたときには、RTの先生のアドバイスにより、なんとか自分の中真を保つことができていました。

 六回目の治良の薬物のリーディングテストを切っ掛けとして、半年間服用し続けてきた安定剤、漢方薬が自分には必要ないものとわかり、それ以来、やめることができ気持も更に安定していきました。

◆家族に広がるMRTの波動

 私の変化を観て、二〇〇五年の一月からは主人が、二月からは二一歳の息子と一八歳の娘が治良を受け始めました。

 また、今年の九月からは、骨粗ショウ症と軽い認知症が始まっている七五歳の義母が、重い腰を上げようやく治良を受け始めています。これで、W家全員がMRT治良を受けたことになりました。

 主人は腰痛と脚がよくつるということで、治良を開始したのですが、初回の治良後、それまでひどかったイビキがピタリと止まったのには驚きました。治良を受け始めて5回目くらいで、本人も表情が柔らかくなって、落ち着いた気持ちでいられるようになったと言っていました。

 初めてのMRT治良から半年ほど経ったとき、RTの先生から「ご主人から、会社の上司の方との意見の食い違いについてのご相談がありました」ということをお聞きしました。

 病気を治すためにMRTに通っているとばかり思っていた主人が、そのようなことをRTの先生に相談したということは、MRTが単なる病気治しをするところではないことを理解してくれていることがわかり、少しうれしくなりました。 

◆家に泥棒が入ったことからの気付き

 実は、八月上旬に自宅のリビングのサッシを割られて泥棒が侵入し、財布、定期券、免許証などを盗まれてしまいました。私はとても動揺してしまい、不安でその夜は眠れませんでした。そして、翌日、無性にMRTに行きたくなり、治良後にそのことをRTの先生にお話しすると、「泥棒に入られた現象も逆行であること」、「理解に結び付けておかないと、家族の心の隙にまた入り込まれて、同じような現象を引き寄せること」、「その事件が起こる前に、必ず前触れや、気付かせる出来事があったはずであること」、などのアドバイスを頂きました。

 家に帰り家族でいろいろ話しているうちに、前にも勝手口の鍵が開いていたことがあり、同じ日にリビングのサッシの鍵も開けられていたことがあったことに思い当たりました。今まで、子供の仕業と思っていましたが、誰もそんな所から出入りはしないと家族に言われ「ハッ」としました。泥棒の侵入は二度目であったということがわかったのです。

 そして、すぐに月刊MRTに内海先生が書かれている、「中真に会うて交じわらざれば、別れて後に悔いゆ」というお言葉が浮かんできました。

 最初に泥棒に入られた時点で、仙骨が「また泥棒が入るよ」と教えてくれている現象にも、中真を外している私は、全く気付かなかったのです。

 「五感に触れるものは全て偶然はない。中真からの教えである」という内海先生のご教示が自分の生活に活かせたら、どんなに素晴らしいことでしょう。これからも、月刊MRTをよく読み、理解を深めて参ります。                  

◆仙骨様にお任せするという心境になってきました

 MRTを受け始めて四ヵ月、二〇回目の治良を受ける頃には、イライラしなくなり、周りのことも、あまり気にならなくなりました。人の目を気にせず、とても気持が楽になりました。

 「自分は一人ではない、いつも仙骨様に守られている」という心境になってきています。私は、小さな子宮筋腫があり、以前は年に一回必ず定期検査に行っていました。そして、以前の私であれば、いろいろな検査を受け、その結果など聞くときは、心臓がドキドキしましたが、今はそういう不安がなくなりました。

 MRTの治良を受け始めてからは、「自分に検査は必要がない」とわかりますので今は行っておりません。

◆現在の心境

 治良開始から五ヵ月頃までは、起きてもすぐに横になりたくなったりして、辛く苦しい日々がありましたが、半年経った頃から、仕事にも復帰することができました。そして、この体験談の原稿を綴っているうちに、初めてMRTへ行っていろいろ綴られた案内を頂いたこと、その中にあった、『私という中真からのメッセージ』の文章を読んでいるうちに、その言葉にとても温かく、優しいものを感じ、涙が止まらなくなったことを思い出しました。

 今後も、そのとき流した涙の意味を忘れないように、これからも定期的なMRT治良と家で『センコツくん』に乗って中真感覚を高めて参ります。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
692件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。