体験談のご紹介

最新の体験談

母の股関節痛が消え、今では家族四人でMRTに通っています

  • (MRT梅田 40歳 女性 T.N.)
  • 掲載日:2010.06.28

 私がMRTを知ったのは、1988年頃、「表紙がカワイイ」という理由で『医者がお手あげの病気は仙骨で消せ!』を買いました。内容も気に入って、もし自分がケガをしたり病気になったらこれで治そうと決めたのですが、そのときは、まさか家族で通うことになるとは思ってもいませんでした。

◆母の場合(Tさん)

年齢 66歳
初回登録日 1995年8月1日
リーディング回数 102回

 母の右足の付け根の痛みは、60歳になり、太ももの筋肉がなくなったと思った頃に始まったそうです。自営業を手伝っている母は、1日中立ちっぱなしで動き回っています。「歳だから仕方がない。病院に行っても、痛み止めの注射を打たれるぐらいで、治らないのだから」と、高価な健康食品を食べる以外は何もしませんでした。

 2年後、それまで時々だった痛みは、じっとしていても、寝ていても消えることはなくなりました。足だけでなく、それをかばうため腕から全身が痛み、そのために疲労していました。全く歩けなくて、丸3日寝込むこともありました。

 ところが、そうなっても母は病院へ行くことを嫌がっていました。今回この原稿を書くことがきっかけで初めて聞いたのですが、母は子供の頃『カリエスと言われ、毎晩カルシウムの注射を打ちに病院へ行っていたので、それ以来病院ギライになったそうです。とは言っても、足の長さの差は3センチ以上もあり、検査だけでいいから病院へ行くようにと周りから言われていた頃、私は全く別の理由から内海先生の本を母に見せたのです。

 「砂漠をさまよっていた人が井戸を見付けた」とでもいう感じで、母はすぐに本に紹介されていた『体のゆさぶり法』をやってみたのだそうです。するとその夜、寝返りをうったとき、右足の付け根がギュッと引き寄せられ、翌朝には咋日までとは違った感じがしたということで早速治良の予約を入れました。

 初日、カルテを書いているとき、ヨーロッパ風の古い街が頭に浮かんだそうです。細い路地からふいに広場に出るようなシーンが流れて「すべての道はローマに通ず」のような感覚が走り、「やっとここまで来られた。ここへ来るための出来事だった」という気持ちでいっぱいになったそうです。また、その日のアジャストは直接患部に響いて、それまでとは違う痛みを感じたといいます。

 母は、それから週に一度のぺースでMRTを受け続けました。色々な逆行を体験しましたが、足に関していえば、ある日ふいに痛みが消えて治ったと喜んでは、次の日には痛みが戻るというような波を何度も越え、10ヵ月目には右足で踏み込めるようになりました。すると、むくんでいた左足とやせていた右足の太さがそろってきました。それから12ヵ月目、いつものようにふいに痛みが消えました。今回は2ヵ月、少なくともこの原稿を書いている今も痛みは消えたままのようです。そして、まだ時々グッと伸びた感じがして、よりしっかりと踏み込めるようになってきているそうです。

 私が母にMRTを勧めなかったのには訳があります。母はすぐに結果が出ないと気が済まない性格ですし、痛みを敵視していたので逆行を我慢できないだろうと思ったのです。

 実際母は、痛みがとれるとすぐ「治った」と喜んでは、また痛むと落ち込んで恩痴をこぽしていました。それでも楽しんで通えたのは、理解することの喜びを伴っていたからだと思います。何かがわからないときは必ずRTの先生に聞きます。そのためによく質間をまとめたりしました。また、オフィスでは『集大成』を読んでメモを取り、月刊MRTのパックナンバーを揃えていきました。不思議と2人の逆行の時期がずれるので、元気な方が理解を助ける箇所を探して相手に伝えたり、励ましたりしました。

 足を悪くする前の母は「元気で当たり前、痛さや病気は人生の敵」のように考えていましたにその母が今では痛いときには「今、ここを治しているんだなあ」と言い、「こんなに自分の身体と向き合えたことはなかった。これも足を悪くしたおかげ」と言います。

 とにかく右足の付け根の痛みは消えたようです。

 "身体の痛み"が一段落した母は、この頃「心の痛み」と向き合っています。

 さらなる理解を求めて、今まで通り次回のMRTペインレスメソッドを楽しみに、母は通い続けると思います。

◆兄の場合(Mさん)

年齢 32歳
初回登録日 1995年8月15日
リーティング回数 66回

 母と私が治良を受け始めてから2週間後、母の勧めで兄も受けることになりました。

 サラリーマン。ほぼ毎日残業で、終日コンピュータの画面と向き合う職種です。土、日は泥のように眠る生活を送っていましたので、ある日突然ガクンと倒れてしまうのではないかと心配していました。

 MRTには、最初は「仕方なく行った」というのが本音だそうです。けれども初めてMRTを受けた後、『センコツくん』に乗っているとき、振動が五臓六鵬にしみわたり、内臓が元の位置に戻る感じがして、受け続けようという気になったのだそうです。

 その後、良く眠るようになったことと、歯の詰め物が取れたこと以外逆行らしいものは特にありません。私は、これといった症状のなかった兄が、貴重な休みの日をさいて2年間MRTに通い続けてきたことが不思議でした。劇的に症状が回復するといった目に見える変化がないのに続けている人は、兄に限らずスゴイなと思っています。「なぜ?」と聞くと、「説明はできないけれど、変化は確実に感じられるので、何か期待感があってやめられない。地道な変化がいい」のだそうです。

 また、兄は『中心感覚』『シミュレーション』というものに興味があって、自分なりに会社の人間関係の中で使っているようです。

 たとえば「誰かと話すとき、その人の幹である『中心』をとらえるようにしていくと、枝葉の部分つまり相手の言動に振り回されないで、その人の本意を受け止められるようになっていく」というようにです。

 とにかく家族としては、兄がよく眠るようになっただけでも大安心です。本人も仕事の多さ、目にかかる負担、人間関係のストレスのことは自覚しているので、ゆっくりじっくり変化を受けとめるつもりだそうです。

◆父の場合(Eさん)

年齢 69歳
初回登録日 1997年5月14日
リーディング回数 11回

 家族がMRTをやっていると、受けていない者にも変化が出るのでしょうか?私達3人がペインレスメソッドを受け始めてから約1年目、父の歯が、差し歯も含めて7、8本、急に抜けてしまったのです。その原因が何かはともかく、通う3人の様子からMRTに対する不信感はなく、家族が自分の健康に頼っていてくれているのを感じてMRT治良を受けることにしたのだそうです。

 父も兄と同様、歯とよく眠るようになったこと以外、大きな変化はないのですが、「MRTとは長い付き合いになる気がする」と言っています。MRTの本も読まないのですが、一番坦々としている父です。

◆私の場合

 閉じこもり七年目。

 きっかけは、亡くなった祖母の家庭看護でした。この閉じこもりについては、今はまだうまく伝えることはできません。最近になって、ほんの少し霧が薄くなったほどの状態で、まだ全景が見えないのです。いずれスッキリと霧が晴れたら、この閉じこもりの意味もわかるかもしれません。

 この閉じこもりによって、歩かなくなったため、色々な症状が出ました。まず肉体的には、時々顔の半分がひどく痛み、鼻が痛くて、冬には息が吸えなくなっていました。右足の外側に赤黒い網目が出ていて、痛くもかゆくもないのですが、むくんで正座ができませんでした。また、いつも風邪が治りきらないまま過ごしているので、段々胸が痛くなっていきました。

 そのような身体の不調のほか、トイレが心配で遠出ができず、人混みで苦しくなったり、その他の様々な不快をそのままにしてしまうなどの、心の不調も山積みでした。

 そんなとき、自分の症状に関しては、治そうという気がなかった私は、「あくまでも足の悪い母の付き添い」というつもりでMRTに通い始めたのです。そうして訪れた逆行の嵐。激しいものはないのですが、微熱に始まり、いつもどこかが痛いか、まるで冷凍マグロのように身体が重くて冷たかったりするのです。頭皮が痛くて泣いたこともありましたし、発疹、水ぶくれ、吐き気、歯痛など・・・。

 思い出の逆行が一つあります。MRTオフィスを出て十分ほど後、両足が痛み出しました。指先を切ったような痛さが、両足全体でジンジンしているのです。初めての痛みでした。「これは辛い」と思っていたら、約40分後スーッと痛みが消えました。その消えたときの感覚が印象的でした。

 さて、さまざまな症状のその後ですが、足の網目は消えつつあります。鼻は何も塗らなくても、冬を過ごせるようになりました。風邪による胸の痛みは、喉の痛みに戻ってきました。トイレの心配はなくなりましたし、今では人混みも平気です。けれど、まだ歩き出せません・・・。

 私はMRTでアジャストを受ける度に、違う次元に移行しているイメージを持っています。「ガシャン」で目を開けると、新しい世界にいます。波動が変わり、理解ができて、また次の次元へ・・・。

 歩き出せないことは、意志の問題でないことを私は知っています。そして、何かを理解するために、今この状態を体験していることも・・・。たぶん遠くない次元に、さっそうと歩いている私がいます。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
669件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去37年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。