体験談のご紹介

最新の体験談

長年の便秘や、冷え性が改善し『センコツくん』が生活の一部になりました

  • (MRT池袋 29歳 女性 O.T.)
  • 掲載日:2010.06.25

◆友人に誘われるまま始め、一回のMRT治良で、身体が暖かくなったのを実感!

 私のMRTとの出会いは、長年の友人がMRTに通い始めて「とにかくいいから、一緒に行こう」と誘われたことが切っ掛けでした。そのとき友人は、MRTにまだ一度しか行っていませんでしたが、「とにかくいいよ」と少し興奮したように私に話してくれて、何に良いのか具体的に聞く間もなく、魔法にでもかかったように、二日後には私もMRT良法を受けていました。

 そんな訳で私は、仙骨のこともMRTのことも、全く何もわからないままMRTオフィスに入りました。実は私は人前に出るのが苦手なほうで、初対面の人に会うと緊張してしまうのですが、MRTに初めて伺ったときは、不思議と不安感はなかったことを覚えています。

 治良は全く痛みがなく、RTの先生に「はい、結構です」と声を掛けられて初めて治良して頂いたことがわかったくらいです。あっという間の治良でしたが、その後すぐに両手から両腕と仙骨周囲が温かくなるのを感じました。そのことをRTの先生に話すと「この治良は一瞬で痛くも痒くもありませんが、身体の中心にある仙骨を調整し、全く触っていない手や腕に変化を感じるということで、この治良が全身に効果が顕れるということを実感して頂けたと思います」とのお話しに、友人が「とにかくいいから...」と言う言葉の意味が少しわかったような気持ちになりました。

◆小学生の頃から重労働のため、肩凝り、腰痛があり、二〇代の頃からひどい冷え性があった

 私の子供の頃は、家業の畑の手伝いをするのが当たり前の時代でしたので、学校から帰るとすぐに畑や田んぼに出ては、田植えや草刈りなど腰をかがめて作業をする毎日でした。重たい荷物も運んでいましたので、小学生の頃から肩凝り、腰痛は当たり前のようにありました。気付いたときには、頚椎の一部が陥没していて、自分で触って骨のくぼみがわかるくらいでした。その頚椎のズレからか、頭痛が持病となり、いつも鎮痛剤を服用していました。

 四〇代、五〇代のときには、右の四十肩、五十肩で洋服に袖が入らないくらい、肩から腕がパンパンに腫れ上がったこともありました。ですから、腰痛、肩凝りはもう当たり前で、一生付き合っていくしかないと諦めていました。

 また、二〇代の頃から、とてもひどい冷え性で、体温もいつも三五度台でした。真夏でも身体が冷えているため、よく足がつっていました。また、汗をかくことがあまりなく、入浴してもなかなか身体が暖まらずに、すぐに身体が冷えてしまっていたのです。電気カーペットなどを使用しても暖かくならず、自分の身体が相当冷えていることを、いつも感じていました。そのためか、右足には静脈瘤ができていて、いつも足がだるいと感じていました。

 ですから一回の治良で、身体の温かさを感じられたのはとてもうれしく「よし、通ってみよう」という気持ちになったのです。

 それからは友人と共に、最初の一ヵ月は週二回、その後から今日まで週一回のペースで通っています。

◆三~四回目の治良で全身のあちこちに逆行が出る

 治良を受け始めてから、足のつる時間は短くなりましたが、毎日のように足はつり、それ以外でも頭痛、腰痛、肩凝り、首の痛みが強く出るなど、身体のあちこちに痛みが出ていました。四回目の治良を受けた後には、膝が痛くなってしまい、膝などは痛めた覚えはなく「本当にこれで良くなっていくのか...」と心配になってしまいました。

 RTの先生にお話しすると「この治良は一切力を加えることはありませんから、治良を受けたことによって悪くなるということは決してありませんので、安心してください。MRTを受けた七~八割の方が、症状が出たり消えたりしながら、症状も少しずつ軽くなって、その間隔が段々空いて消えていくという変化を感じていきます。仙骨一ヵ所の治良が、全身に変化をもたらしている証拠ですので、必ず症状は軽くなっていきますから、安心してください」との説明を受けました。

 確かに仙骨しか治良していないのに、全身に変化が出たことで、仙骨は全身に影響があるということを、このとき痛みを通して実感しました。

◆今まで汗をかくことのなかった私が、汗をかけるようになった!

 その後は、RTの先生から話を聞いた通りに、全身の症状は出たり消えたり、痛む場所が少しずつ変わったりを繰り返して、徐々に軽くなっていきました。

 一〇回目の治良のときには、歩くのが楽になる、姿勢がよくなる、疲れにくく早く回復するようになる、という全身への変化を感じられるようになっていました。何より、精神的に落ち着いて、人前でも上がらなくなっていたのにはうれしくなりました。

 冷え性に関しては、治良を受けて三回目の後から汗が出るようになり、治良を受けて一ヵ月が経つ頃には、上半身がびっしょりになるくらい、汗をかけるようになりました。今まで汗をかいたことがない私にとってはすごく大きな変化で、夏場には下着を一日に三回も交換するくらい汗をかけるまでになりました。

 新陳代謝が活発になっているのがわかり、下肢の温かさを少しずつ感じられるようになり、二〇回目の治良を受けた頃には、足もつらなくなっています。そのためか、ボコボコと血管の浮き出ていた静脈瘤も小さくなってきています。

◆『センコツくん』に乗ると、即効性があるのにビックリ!

 治良を受け始めて一ヵ月半が経ったときに、思い切って『センコツくん』を購入しました。年金生活の私にとっては、大きな買い物になりましたが、MRT良法を受けて仙骨のもたらす効果を実感できたのと、もっと良くなりたいという気持ちが湧いたからです。

 『センコツくん』には毎日定期的に乗っていますが、肩凝りや腰痛が出たときに『センコツくん』に乗ると、乗っている最中から徐々に痛みが和らいでいき、一回四分を乗った後には、すっかり痛みが消えて楽になっているのには驚きました。また『センコツくん』に乗った直後に便意があり、すっきり排便できるので、痔も良くなっています。最近は『お酢なんで素』を飲むようになり、更に排便の調子がよいので助かっています。

◆これからの人生も、仙骨と共に歩みます

 治良を受けた最初の頃は、MRTのことも、仙骨のことも全く知りませんでしたが、身体の一部となっていた辛い症状が、一つずつ順番に軽くなっているのを実感して「仙骨に任せていけば大丈夫だ」と思えるようになりました。

 医者では、内臓は内科、腰痛は整形外科と別々に行かされますが、仙骨だけでよいということを識ることができて、仙骨を識るのと識らないのとでは、人生が大きく変わっていくことを感じています。

 益々、仙骨を意識して、この先の人生にどんな変化が顕れるのかを楽しみに治良に通いたいと思います。

今後とも、よろしくお願いします。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
692件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。