体験談のご紹介

最新の体験談

MRTに出会い、病気を克服するのではなく理解していくことで楽になる

  • (MRT銀座 34歳 男性 T.I)
  • 掲載日:2010.06.25

◆幼少から身体が弱く、いじめに遭う日々でノイローゼになった学生時代

 私は幼い頃から身体が弱く、風邪をひいては扁桃腺を腫らし、高熱で、幼稚園、小学校と休みがちでした。更に父の仕事の関係で、2回も転校したため友人関係もうまくいきませんでした。中学校に上がり身体を鍛えようとサッカー部に入部し、勉強もせずサッカーに明け暮れる毎日で、50人いる部員の中でレギュラーになり、充実した日々を送っていました。

 あれは、高校1年の夏です。クラスにいじめられっ子がいて皆は見て見ぬふりをしていたので、見かねた私はその子をかばったのです。それ以降、いじめの矛先が私とその子に向けられるようになり、元々神経質だった私は我慢するしかなく、いじめは、2、3年まで続き、私はノイローゼで受験に失敗し自宅浪人をすることになりました。

 しかし、高校のときのノイローゼが響き、そのまま自閉症になり外出するのも怖い状態でした。自閉症なんて恥ずかしくて親には言えず、黙って精神科に通いました。見かねた親に「若い者が家でプラプラして何をやっているのだ」と励まされ、薬の力を借りながらも、調理師の勉強を始め、寿司の道に入りました。

 料理の道は厳しく、丸いものでも四角と言われれば四角と覚え、罵声を浴び、叩かれ、そんな日々が続き、精神的に弱かった私はある日、仕事中にギックリ腰になり、そのまま病院へ直行しました。検査の結果、椎間板変性症という椎間板が潰れ手術不可能で、もう治らないと言われたのです。

 そんな状態なので定職にも就けず、アルバイトをしながら苦しいリハビリの日々が始まったのです。一流と言われるあらゆる先生に診てもらいましたが結果は一緒で、薬と牽引、電気を流して、ハイ終わりといった西洋医学に限界を感じ、鍼、灸、整体、カイロ、仙骨療法(MRTではない)など良いと言われる治療は全部試しました。

 ◆泥沼にはまり込み、藁をもすがる思いで霊能教団に入信が、実は、それが地獄の始まりであった

  「俺っていったい何のために生まれて来たのだろう?呪われているのではないだろうか?」そう思い、やがて精神世界に興味を持ち、女性週刊誌で見た宗教に走りました。

 そこでは、「背後霊の供養をすれば治る」と言われお金を要求され供養してもらいました。

 するとなんとなく、少し良くなったように感じるのであらゆる霊能者を探しては通いました。そんなとき、信頼できる友達から「幸せになれる教えがあるよ」と言われ、素直に入信したのです。

 京都の有名な大手霊能教団で、不思議なことに腰も良くなりノイローゼも治り、ここなら間違いないと思い熱心に足を運びました。

 ところが、それは地獄への序章に過ぎなかったのです。2年目からまた具合が悪くなり、以前よりも悪化してしまったのです。教団に相談すると、「病気の元となる霊が苦しみ始めているのだよ」と言われ、よほど因縁深いと思い更に精進を重ねていくと腰の激痛で歩けなくなり、突然意識がなくなり倒れる"パニック障害"になったのです。何かと言えば、「精進、供養が足りない」と言われ、もう考える余裕もなく逃げ出すように教団を去りました。

 意識はほとんどなく、毎日フラフラと夢遊病者のようになり、そのとき、何故かフラッと本屋に足が向い、目に入って来たのが、内海先生の『仙骨に無痛ショックを与えると病気は消える』でした。早速、一番近いMRT池袋に行くことに決めました。

 ◆MRT治良によって、病気を治すことしか考えていなかったことに気付かされ、大事なのは中真感覚なのだと知る

 始めは、どんなことをされるのだろうと、ビクビクしながら、私の順番が来るのを待っていました。その間にも次々とアプリカントの方が訪れ治良が始まり、奥ではガチャンという音とすっきりした顔で帰ってくるアプリカントの表情にビックリしました。

 いよいよ、私の順番です。そして運命"ガチャン"が始まりました。何か、背骨がムニュムニュと動きましたが、たった一秒の治良にただ呆然とし、正直「たったこれだけの治良で8700円・・・貧乏の私には高い」そう思った初回でした。

 その後、何の効果も感じられず、ただ漠然と足を運んで治良を受けましたが、5回目くらいから逆行現象が起こり、腰の激痛、足の痺れ、パニック障害、うつ病がいっぺんに吹き出て来ました。そのとき頭によぎったのが霊障でした。

 しかし、内海先生のご本を読み返すと、「霊障と言う前に仙骨のバイブレーションを高め、今やるべきことをしっかりやることです。こんなことを言う人に限って自分のミスを人のせいにするのです」というお言葉に、頭をハンマーで殴られたような衝撃を受け、ハッとしたのです。

 今までは病気を治すことしか考えず、せっかく頂いたMRTの九つの約束を一つも実行していませんでした。大事なのは中真感覚なのだと、ようやく気付いたのです。

 「よし、それなら焦らず中真感覚を高める練習をしよう」と意識を切り替え、内海先生のご本を全て購入し熟読しました。読んでいるうちに自然とシミュレーションの能力が付くようになり、歩くときは仙骨に意識を向け、腰が痛くなったら休む、うつ病になったら横になる、そういう習慣がいつの間にかつきました。そんなとき、RTの先生から「池袋で内海先生のご講話と治良が行われますので、参加してみませんか」とお誘いを頂き、早速参加させて頂くことになりました。

 当日、内海先生のお話が終わり、内海先生に「私は現在パニック障害に悩まされるようになって3年になります。倒れるのが怖いのですが、どのように対処したらよろしいでしょうか?」とご質問させて頂きました。内海先生から「実は私(内海先生)もパニック障害で悩んだときがあったのです。この苦しみは、なった人にしかわからないと思います。倒れそうになったら神(仙骨)を祈り自然に任せることです」そのお言葉をお聞きし、内心「グッ」と込み上げて来るものがあり、いつの間にか目頭が熱くなっていました。

 ◆うつ病・パニック症候群でも、道は開けている

 持病の腰痛・坐骨神経痛をいたわるため、転職を考え、全くの畑違いの仕事だったのですが、エンジニアの学校に通うことにしました。それまでは板前だったのでパソコンを操作したことがなく苦労するところに、頭を使うため、うつ病、パニック障害の私には人の3倍時間が掛かり、やり終えた後には頭が疲れ、ぐったりとしてしまいます。

 そんな中でも先日、全世界80%を締めるアメリカ、シスコ社のルーターの資格を取得しました。世界共通の資格で、日本でも2003年の時点で6万人しか取得していないそうです。うつ病は日本で300万人いるそうです。そのうつ病の私がこの資格を取ったのですから、MRT治良のお蔭だと思います。

 これからも坦々とMRT治良で矢(中真感覚)を磨いていきます。今でもパニック障害は起こりますが、そのようなときは、自分の中真が外れそうになっているのを修正してくれているのだと受け止め、中真に修正することを心掛けています。

 ありがとうございました。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
692件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。