体験談のご紹介

最新の体験談

10年間MRTを受け続けてきて理解したこと

  • (MRT仙台 32歳 男性 H.A.)
  • 掲載日:2010.06.25

◆初めはMRTを病気治しと思っていたげれど...

 早いもので、MRTに関わるようになって10年が経ちます。

 初めはMRTを病気治しと、とらえていたので、十六歳くらいから続いている精神的落ち込みが良くなればいい、良くなったらMRTをやめようと思っていたのでした。

 しかし、それまでただ悩んで同じところをグルグル回っているように感じていたものが、MRTに通い、『ZERO中心会』で、道術を学んでいくうちに、流れのようなものが出てきました。そして前に進むようになり、段々展開も速くなってきていると感じるようになったので、MRTをやめることなく続けてきたのだと思います。

 逆行で、疲労感が強く身体が動かなくなったこともありましたが「もう、どうしようもない」と感じたときに"フッ"と楽になるということを何回か経験してからは、逆行が怖くなくなりました。

 そして、リーディングを受けて一見変化がないように見えても、自分の感じ取れない深いところでは、着実に変化していると思うようになっていたのでした。苦しくても坦々と続けてこられたのは、無意識(中心の自分)がそれをわかっていたからです。

◆極端な考え方から一時は不自由に...でも、そこから中心への道が見えてきた

 しかしながら、MRTにのめり込んでいくうちに、一時的にMRT以外の考え方を全て否定し、知らず知らずのうちに超然とした考え方を持ってしまいました。その結果、周囲から自分が弾き飛ぱされたこともありました。

 たとえぱ、ちょっと前までは本なども、MRTに関するもの以外は、ほとんど読んでいませんでしたし、必要ないと思っていました。そして、何より、世間一般のものに洗脳されるのが嫌だと思っていたのです。

 そして、人から何を言われても、それを、「全部、うそだ」と受け取っていたのですから、段々世間のことがわからなくなり、結局、不自由になってしまいました。そして、自分のしていることが中心から外れたことだと気付かされることになりました。

 その後、ビジネス書など、分野にこだわらずに色々と読んでみました。MRTを知る以前であれば、洗脳されて、著者の考え方に左右されていたと思いますが、影響されなくなりました。そして、脳に蓄積したものを必要なときに自由に取り出せるようになってきました。それは、ただ単に知識を詰め込むのではなく、シミュレーションの題材として蓄積されているという感じで、自分に必要なものは取り入れ、必要のないものは捨てるということができているような感じなのです。

 そして最近は、スーッと中心への道が見えるようになってきました。一度極端に全てを否定した結果、不自由になってしまいましたが、不自由になったことが、知らず知らずのうちに中心への道を見付けることに結び付いていました。

◆20年、30年と、MRTを続けていきたい

 今までは、中心感覚を使うためには、肉体頭脳を使うのは駄目だと極端なことを思っていたのですが、それをやっていると、段々自分の思ったことがうまく言葉に変換できなくなり、「おかしい、こんなはずではないのに」と、少しずつ中心感覚のスイッチが入って、「本当はそんな浅はかなことではなく、人間に脳が備わっているということは、それを使いこなさなければ駄目なんだ」という考えに変わっていきました。

 MRTに関わる以前から、自分に起きる問題は、外に頼るのではなく、また、他人に迷惑をかけるのではなく、自分自身で答えを出して解決できる人間になりたいと思っていました。そういう意識が、私をMRTに出会わせてくれ、色々な現象を通して理解させてくれたのだと感じています。

 MRTをこれから20年、30年と続けられたら、本当にすごいなと思います。これからも、治良に通いながら、道術やシミュレーションを通じて理解を広げていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
692件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。