体験談のご紹介

最新の体験談

長い間、探し求めていた本物との出会い

  • (MRT仙台 35歳 男性 H.E.)
  • 掲載日:2010.06.25

◆「仙骨」という言葉に引かれMRTと出会う

 私は小さい頃から、身体が弱く、下痢や吐き気などの不定愁訴が多い子供でした。

 それがいつの頃からか、空手や中国武術に興味を持つようになり、それによって自分の身体を傷めたり、練習相手もケガをしてしまうことが多かったので、治療というものに関心を持つようになりました。

 武と医は、表裏一体であるという考え方がありますが、武だけでなく医もやっていきたいと思った私は、効率よく身体を治せるものを探していました。

 1999年、整体養成学校に通っていた私は、勉強に必要な医学書を探して書店を回っていました。しかし、自分の求める内容の書物はなく、諦めて他のコーナーをぶらついていたとき「仙骨」という見出しが目に付きました。自然とその本を手に取り、内容を確認し始めました。

 その本の中には、今まで、自分が考え探し求めていた内容が書かれていたのでした。迷うことなく、そこに並んでいた「仙骨」と大きく書かれていた3冊の本を購入しました。 ついにMRTに出会い「仙骨というたった一つの骨に無痛ショックを与えるだけで、どのような病気も消えてしまう」ということを知ったのでした。

◆カイロプラクティックに疑問を持ち始める

 その当時、習っていた整体の内容はカイロプラクティックであるため、背骨の歪みを見付け、治す練習をしたりされたりの繰り返しでした。

 毎日、手技や器具を用いて骨をアジャストしたり、筋肉をほぐしたりすると一時的に骨の変位は修正されますが、その場限りで、2、3時間もすると、また元の状態に戻ってしまいます。さらに悪いことに続けていくうちに段々変位が大きくなってきている実感があり「カイロでは治らないのでは」と考えるようになりました。

 事実、私自身8年ほど前から首の周囲に痒みの強いブツブツがありました。原因として当時ネックレスをしていたための金属アレルギーではないかと思い、漢方薬等を飲んだり、塗ったりして様子を見ていたのですが、暫くの間は落ち着くものの、再びネックレスを付けると、またぶり返してしまうという状態を繰り返しました。治る気配もなく、何も身に付けない状態でもブツブツが消えてなくなり、痒み自体は少しだけあるという程度に落ち着き、現在に至りました。

 カイロで治ることを期待しましたが、一向に改善の気配がなく、諦めて気にしないよう心掛けていました。

 ところが、MRTで仙骨の治良をすれば、病気が消えるということを知ってからは、治良を受けてみたいと強く思うようになり、また、その当時は、整骨院で仕事をしているときでもあり、仕事の運営上、上司と意見が合わず、ギクシャクしていて、心身共に疲れている状態であったため、一刻も早く、治良を受けたいと思っていたのでした。

 購入した本の後ろにホームページアドレスがあったのでもっとMRTを知ろうと思い、友人に開いてもらうとなんと、東京にしかないと思っていたMRTが仙台にもあるではないですか。さっそく週1回、仕事が早く終わる土曜日に、治良に通うことに決めたのでした。

◆MRTリーディングによって今までにない効果を実感

 初めて治良を受けた後、仙骨の部分がスーッとしてきてすごく気持ち良く感じた後、非常に眠くなり、帰るとすぐにぐっすりと眠ってしまいました。

 特に最初の1週間は、毎朝起きるのが辛く、だるくて、眠くて大変でした。

 しかし、2回、3回と治良を受けていくたびに、眠さは変わりませんが、身体が楽になり、軽くなってきたのがハッキリと自覚できるようになってきたのでした。

 治良が5回を越える頃には、歩くことが楽しくなり、歩きたいという欲求が強くなってきたため、時間を作っては歩き、長い時間歩き回るようになりました。

 そして、10回目あたりから、視覚に変化が現れ、色彩がくっきりと濃く感じられ、物の輪郭がハッキリと見えることに驚くと同時に、漢方や整体ではどうすることもできなかった首の周りのブツブツが消えていることに気が付いてびっくりしました。

 まだ、痒みが残ってはいるものの、8年も悩まされたブツブツが消えているのです。以前のように一時的に押さえ込んでいるという感じはなく、はっきりと消えて軽くなったことを実感したのです。

 ちょうどその日、RTの先生より「仙骨が柔軟になり、バイブレーションが高まると、バランスを取るために出ていた症状は自然にその必要がなくなり消えていきます」とお話し頂きました。仙骨がその精妙な働きによって中心のバランスを維持させるために、病気と呼ばれる症状を生み出したり、消したりして生命を維持し、コントロールしているということを実感致しました。

 以前のことを振り返ると事故に遭ったり、趣味活動での空手を通して、首の周辺にかなりの負担を掛けていたことを思い出しました。ネックレスをしてブツブツができたというよりも、むしろ、ブツブツを出すことによって特に首の周りの歪みが酷くなっていることに気付かせようとしていると理解しました。

 そのまま気付かずに放っておけば、近い将来きっと原因不明の大病を患うことになるであろうと思います。また、今まで様々な事故やケガをしてきたのは、仙骨のバイブレーションが粗かったためであることもうなずけます。 現在は、下部頸椎から上腕胸部にかけて引っ掛かる感じがあり、特に左側に少し痛みを感じますが、これは仙骨が首を修正しているために起きている逆行で、治る日が近い証拠だと思って楽しみにしています。

 そして、順調な肉体的変化とは逆に、現在は、精神の方は少々不安を感じています。漠然としているのですが、不安によって心が小さく萎縮した感じで自然と肩に力が入ってしまいます。これも逆行と理解し、心を落ち着かせて、流れのままにまかせていこうと思います。 

◆中心感覚の学びによって身体と心の力みに気付く

 また、中心感覚の学びに参加させて頂くようになってからは、日頃から身体や心に力が入りっぱなしになっているということに気付き、気になっていた上司との気まずさも、自分の心の力みからきているのだと理解し、力みを抜くことを意識するようになってからは、今までがウソだったかのように物事が円滑に進み、上司から頼られるようになってきたことには驚きました。

◆本物との出会いを確信する

 思えば、長年心の奥底で求めていたものに出会えた気分です。

 整体などで習った身体の他の骨は、身体の名称を表す名前がついているのに「仙骨」だけが違っているので不思議に感じていたことでもあり、昔から「何故、仙人の骨と呼ばれているのか」疑問を抱いていたのでした。

 人間を人体という物質の見方をせず、魂と精神のあり方と、そこから肉体に及ぼす影響を、医学的内容もふまえ、人間をトータルでケアできるものを探していたのでした。そして「仙骨」という文字に引き寄せられるようにMRTと出会いました。

 そして、自分自身がMRTの仙骨一点一秒で変化していく事実の前に本物との出会いを確信しています。

 これから、仙骨のバイブレーションを精妙なものにしていき、中心感覚の発露を意識しながら、週1回の治良と、中心感覚の学びを楽しみにして、これからの人生を楽しく過ごしていきたいと思います。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
692件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。