体験談のご紹介

最新の体験談

主人の事故後の変化を見てMRTのすごさを実感し精神の重要さを理解し始めた

  • (MRT恵比寿 56歳 女性 A.H.)
  • 掲載日:2010.06.24

◆MRTを知った切っ掛け

 私は、高校生のときに胃腸の調子を悪くしてしまい、それからというもの、ジンマシンが出たり入院するなど、具合の悪い状態が約二十年間続いていました。

 その間、食物が食べられなくなり、やせてしまい、精神的にも最悪の状態でした。そのときの入院体験から、医者に行ってもこの症状は治らないとわかっていたので「どのようにしたら治るのだろうか」と悩んでいました。

 そんなある日のこと、内海先生のご著書を読み、初めてMRTのことを知りました。

 内海先生のご著書を読むと、病気、症状が簡単に治るように書いてありましたので、期待をしてMRT本部(当時、MRT本部は東京・目黒にありました)に治良を受けに行きました。

 悪い状態が20年以上も続いていたこともありましたので、MRTに通い始めてからの変化としては、自分が思っていたようにすぐには良くなりませんでしたが、少しずつ良くなっていることは実感できました。

 治良に通い続けるうちに、MRTの機関誌である集大成を読んだりするようになりました。最初は、MRTは単なる治療法の一つと思っていたのですが、機関誌などを読むうちに「MRTとはすごいことなのだ。内海先生のような方がいらっしゃるのだ」と驚きました。そのとき、これからずっとMRTを続けていこうと思ったのを今でもはっきりと覚えています。

 それからというもの、ほとんど週1回MRTに通い続けました。そしてMRTに通い始めて1年が経過したとき、振り返ってみると確実に1年前より良くなっている自分があり、とてもうれしく思いました。私は埼玉県に住んでおりますが、MRTに通うため週1回東京に出て来ていますが、その度に"自由に行動できる自分"に変わってきていることを感じていました。また、精神的にも色々とありましたので、もっと自由自在になりたいと思いながら、MRTに通い統けました。

 そして、自分だけではなく、家族にもMRTを受けて欲しいと思い、家族にMRTのことを話し、皆、MRTを受けるようになりました。現在では家族4人ともMRTに通っています。

◆主人が事故に遭ってしまった

 98年7月に主人が突然、交通事故に遭ってしまいました。

 後で事故の状況を聞きましたところ、主人は自転車に乗って、青信号の横断歩道を渡っていたのですが、横断中に右折をしてきた乗用車に接触されてしまったとのことでした。その結果、主人は飛ぱされてしまい頭を強く打ち、救急車で運ばれたのです。

 私は、主人が事故に遭ったという連絡を受け、急いで病院に駆けつけました。

 そしてすぐに脳挫傷急性硬膜外出血のため、開頭して除血の緊急手術が行われました。

 手術が終わって、集中治療室に入ったとき、管を付けられた意識のない主人が横たわっていました。その姿を見て、信じられなくて、とても不安になり、気がおかしくなりそうでした。

 そんな気持ちで見守り続け、それでも何日間かで少しずつ意識が戻りました。そして1週間後ぐらいで普通の病室へ移ることができました。

◆入院中はMRT商品を使用しました

 手術後には、医者から「創部感染、肺炎、消化器出血、けいれん発作、脳浮腫が起きることが推測されます」と言われました。

 そこで、MRTで販売されている天然抗菌物質のプロポリス(『MRTスーパーフォーテス』)と消化器出血予防と細胞の活性のために核酸(『DNAタブレット』)を使い始めました。また、腎機能回復のために、以前RTの先生にお教え頂いた、『ビューティポスビュート』に『甘露』を混ぜたものを水分補給のため飲ませました。(これを飲むとお小水がよく出ました)

 『MRT酵素』と『MRTカルシウム』もデザート等に混ぜて食べさせました。

 これらは今でもずっと続けています。これによってお小水もすぐにきれいになり、胃腸も腎臓も問題なく、術後に心配された症状も全く出ずに済みました。

 事故から2、3週間経った8月初め頃、後遺症として左足のマヒと左手がダランとして指は動かず、右の黒目が右側に寄って物が二重に見えてしまう状態でした。

 肩と首が痛くて、頭にストレスハゲができて、意識はボーッとして記憶の曖昧なところがあり、口もまわらず、反応も鈍く、医者からは「1年ぐらい様子をみて、治らないならそのままです」と言われました。事故に遭う前とあまりに違う様子に、今後どうなってし.まうのかと、不安でたまりませんでした。

 リハビリを続けていくうちに、左足のマヒが軽くなり、歩けそうなので平行棒を使ってのリハビリが始まりました。そして、車椅子から杖を使って、少しずつ歩けるようになりました。

 8~9月は、ほとんど歩くリハビリで、リハビリの終わった後も屋上で歩く練習をしました。そして階段もゆっくりではありますが昇降できるようになり、少しずつ長く歩けるようになりました。

◆MRTに通い始める

 9月に外泊の許可が出ました。

 その頃はまだフラフラして外を歩くことが大変な状態でしたが、この外泊許可を利用して、主人を車に乗せてMRTに連れて行くことができました。

 それからMRTに通い始めましたが、往復何時間もかかるので、毎回家に帰り着くと疲れ果て、死んだように寝ていました。その状態をみて、もう少し元気になってからMRTに連れていこうと考えましたが、やはり早くMRTを受けさせたいと思い連れて行きました。それが回復を早める結果となったのです。

 九月末頃(MRTをちょうど4回受けた頃)、主人の左手の状態をリハビリの担当の方が見て、「今の時点での回復が限度です。これでもう大分良くなった方です」と言われ、そして10月初めに退院をしました。

 退院のとき、杖をついてしか歩けず、フラフラしていて、目が離せない、左手もダラリとして指も少ししか動かさず、肩の痛みも訴えていました。目が右側に寄って物が二重に見え、意識がボーッとしていて、散歩に行っても、どこを歩いているのかわからなくなる、反応が鈍い、手が思うように動かないので精神的にイライラしている、一日中ボーッとしている等、大分ひどい状態が続いていました。

 私は主人の意識がどういう状態なのかわからなくて、自分の基準で見てしまいもどかしい思いをしていました。

◆退院後も歩行を続ける

 退院後は、週2回ぐらいリハビリのため、病院までサイクリングロードを休み休み歩いて通いました。MRTを受けると、1回1回は大きな変化はないものの、回を重ねるごとに少しずつ変化していきました。自分の体験から"MRTを続けれぱ良くなる"という確信があったので、週1~2回電車で通い続けました。

 10月~翌年の1月までリハビリを続けて、リハビリをやめた後は、「MRTで歩くことが脳の回復も早める」とお聞きしたので、主人は自分から積極的に歩くようになりました。

 主人の意識が前向きに変わったこともあり、それからどんどん回復をしていきました。そして、2月末頃には杖を使わずに歩けるようになりました。以後、毎日7kmウォーキングを続けています。

 MRTを受け始めて7ヶ月が経過した3月頃、突然、左手と肩に激痛が出てきました。左手と肩は、一日中夜も眠れないぐらい痛み、「逆行だね」とは言っていましたが、精神的にも大分落ち込んで苦しんでいました。

 その間にも治良を受け続け、内海先生のリーディングも受けました。

 そうしているうちに1ヶ月ぐらいが経ったある日、スーッと痛みが消えました。それ以来多少の痛みはあるもののずっと楽になり、ひどい痛みはなくなりました。

 それから、またウォーキングを再び開始し、少しずつ体力を付けていきました。その後は一度に大きな変化が起こるということはありませんが、身体の状態は良くなったり悪くなったりしながら、少しずつ確実に回復していくという状態が続いています。

◆事故後1年が経過し、格段に良くなる

 そして、事故後1年が経ち、見違えるほどしっかり歩くことができるようになりました。左手はまだマヒが残り、自分の思うような細かい動きはできないものの、以前と比べ、格段に良くなりました。また黒目もだいぶ正常な位置に戻り、物が二重に見えることもなくなり、意識もしっかりしてきて、とても早い回復に驚いています。

 事故以前の状態に戻るには、まだまだ時間がかかると思いますが、長い目で見てMRTを一緒に続けていきたいと思っています。

 「もしMRTを受けていなかったら、今でも退院したときの症状と変わらなかっただろう、奇跡みたいだね」と、主人とともにMRTのすごさを改めて実感しています。

◆事故を通して

 MRTでは、全て決まっていると何度も月刊MRTで読ませて頂いております。事故が起きるということが今世で決まっているということになりますが、まだよく理解できていません。

 しかし、今まで家でお互いの本心とか不満を言わないできたのですが、時々喧嘩になることもありますが、この事故を通して、このことをきっかけにして、心の中を正直に言い合って、お互いに吐き出すようにしていきました。

 このような時間が持てるようになったことは、私達にとってとても良かったと思います。

 また、今回の事故を通して、まだお互いに気付かなくてはならないことが多々あることに気付き、精神面で理解していかなければと思っております。

 また、この原稿を書かせて頂くことにより、色々と振り返ることができ、新たに今まで見えなかったことが見えつつあるように思います。

 坦々と理解を進めていきたいと思います。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
692件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。