体験談のご紹介

最新の体験談

原因不明の湿疹、心筋梗塞、高血圧など、医者でも民間療法でも変わらなかった私が、今では普通の生活をしています

  • (MRT恵比寿 76歳 女性 Y.M.)
  • 掲載日:2010.06.24

◆28年前、突然の湿疹から始まった

 私は30年程前までは、どこも悪いところはなく、元気に生活していました。ところが、28年前に、しつこい湿疹が手のひら、足の裏にでき始めたのが病気の始まりでした。医者からは水虫だと言われたのですが、手のひらに水虫ができるのかと不思議に思ったことを覚えています。

 薬を出す時に医者から「よく効くから」と言われ、私が「よく効くということは副作用もひどいんでしょう」と聞いたら、何も答えてくれませんでした。

 結局、11人の医者に診てもらったのですけど、原因もわからないまま、『皮膚病』としか診断されず、どの先生からも「この湿疹は一生治らない」と言われました。

◆20年前、突然の腰痛で寝たきり状態に

 そして原因不明の皮膚病の為、副腎皮質ホルモンの飲み薬と軟膏を使い続けていた20年前、薬が切れて取りに行かなければと思っていた矢先のことでした。

 3月11日の朝、いつものように朝食の支度をしていた時、突然、足が動かなくなり、全身の節々が痛くなって、身動きもできなくなりました。それでも家事をしないわけにはいかず、痛みをこらえて動きました。

 病院で検査をしても原因がわからず、ただ首をかしげるぱかりでした。もちろん、副腎皮質ホルモンはそのまま止めてしまいましたが、それ以来、鍼灸を初め民間療法も手当たり次第に試してみました。しかしどれも効果がなく、いっそのこと死んでしまいたいと思う日々が続きました。

◆呼吸困難で救急車で緊急入院、病名は心筋梗塞

 そして13年程前の夜、かぜから呼吸困難を起こして救急車で入院しました。検査の結果は心筋梗塞で、肺にも水がたまって心臓を圧迫していると医者から言われました。その後、ほとんど寝たきりの状態が続いていました。

 MRTを知ったのは、今から8年前になります。初めてMRTを受ける時も車で連れて来られ、子供達にかつがれるように目黒のオフィス(以前、MRT本部のあった場所)に入りました。

◆1回目のアジャストで仙骨が動く感覚、これで治るかもという直感が...

 1回目のリーディングを受けたその夜、寝ていて仙骨が動いた感じがして、わずかですがよくなったような気がして「あっ、これは治るのではないかな」という予感がしました。

 それで毎週、毎週、雨が降っても雪が降ってもMRTに通い続けました。MRTに通うようになって半年後、医者からの薬は止めました。徐々に身体が動くようになって元気になっていきました。

◆血圧も薬を止めてから正常値に

 血圧の方も、病院に行って薬をもらって飲んでいた頃は、いつも気にかかっていて、上が170位あったのが、今では「高いこともまた必要があって起きている」というMRTの理解のお陰で気にしなくなったら、140位で落ち着いてくるようになりました。

◆42度の高熱の逆行後、大きく変化

 そんな中で90年の10月に、大きな逆行がありました。リーディングを受けた翌日、急に42度の高熟が4日間も続いたのです。高熱の為、身体が寒気で震えて娘に押さえてもらわなけれぱいけないほどでした。

 近所の医者からすぐに入院するように言われましたが、娘が「解熱剤をもらって様子を見る」と返事して帰って来ました。その日に解熱剤を飲み、翌日MRT本部に電話し、富山先生から「熟は4日位は続きますよ。大丈夫です」と言われ、本当に4日後に熱が下がりました。しかも、自分でもびっくりしたのですが、不思議なことに食欲もあり、食ぺるものがおいしく、マスクメロンは青臭くてまずかったけど、トロの握りがとてもおいしく感じました。また頭の中が熟の為、混乱していたのでしょうか、『トンボの佃煮は美味いだろう』、『黄や黒の縞のクモは食ぺれないよ』などと考えていました。

 熟が下がってからは、目に見えて身体が軽くなり、どんどん調子がよくなっていきました。それ以降は、本当に普通の生活ができるようになり、たまにかぜをひいたりすることはあっても、長い間寝込むようなことはなく、過ごしています。

◆正月に歩くことを止めた瞬間に、体調が悪くなって血糖値もアップ

 すっかり元気になっていたのですが、昨年の初めに、MRTを受けているだけで安心してしまい、歩くことをさぼって、食ぺてぱかりいたのです。するといつも検査だけ受けている医者から「血糖値が300もあって高すぎます」と言われ、糖尿病の薬を出されて、「1週聞後にまた来て下さい」と言われました。これは歩かなかったせいで仙骨の動きが鈍くなったからだと思い、薬は飲まずにせっせと歩いたら、1週間後には230にまで下がっていました。そして、2週間後に210になりました。

 次の検査の時はあまり調子がよくなかったので、また血糖値が上がっているかと思いましたが、さらに180に下がっていました。

 以前はずいぶん食事にも気をつけて、食ぺたいものを我慢したりもしましたが、気をつけても上がる時は上がるし、下がる時は下がるから、本当に食ぺたいものだけを食ぺていこうと思って、薬も飲まずよく歩くことだけを心掛けました。翌月からは140位で落ち着いています。MRTを受けるだけでなく、自分の足で仙骨を動かしてあげることも大切なのだとよくわかりました。

 ちなみに、28年前に一生治らないだろうと言われた手の湿疹は、今では右の手のひらには、ほんの数ヶ所が白い斑点があり、左の手のひらには右より若干多い程度で、きれいな皮膚になっています。

 MRTで得た健康を維持するため、リーデイングと歩くことを続けます

 死にたいと思い統けた10年前がうそのように、今は主婦業をして、普通の生活をしています。そしてこれからも健康維持の為に、毎日食後に30~60分歩くことと、毎週1回のMRTリーディングを続けていこうと思っています。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
692件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。