体験談のご紹介

最新の体験談

人の言うことに左右されていた私が、MRTを通して、自分に正直に生きていけるようになり、一緒ににMRTに通う母共々とても元気に!

  • (MRT恵比寿 30歳 女性 M.I.)
  • 掲載日:2010.06.24

◆私も母も、重い症状に悩んでいた1年前

 私がMRTに通い始めてから1年が経とうとしています。

 当時の私は身体がとても弱く、季節の変わり目には必ずと言って良いほど体調を崩していましたし、1日外出すると、疲れて、翌日には動けなくなってしまうような状態でした。

 また、私の母はインシュリンを打たなければならないほど重い糖尿病で、関節にも痛みが出ている状態でした。

 母は、インシュリンを打ち続けることにより、副作用が出ることを恐れていました。私もそんな母の姿を見ているのが辛くて、どうしたらよいものかと悩んでいました。

 知人がMRTを紹介してくれたのはそんなときでした。その知人もMRTで大変元気になったということを聞いて、さっそくMRTを訪れることにしました。

◆初回治良の当日から大きな変化が現れる

 初めて治良を受けて帰った夜に、高熱を出して、まるで身体全体が炎に包まれているかのようでした。また、そのとき生理中だったのですが、激しい腹痛と頭痛が同時に起こり、食べた物も全て吐いてしまいました。

 まさか、今日受けたばかりの治良の効果が出始めたとは思いませんでしたので、自分の身体は、一体どうなってしまったのかと恐怖を感じていました。

 そして、その夜は、結局眠ることができないまま朝を迎えました。

 このような状態が3日ほど続き、次回の治良に行けるかどうかも心配になるほどでしたが、驚いたことに、次のMRT治良の前日には全ての症状がすっかり消えていました。

 不思議なことに、このような状態が治良を受ける度に現れ、次の治良の前日には消えてしまうという状態がしばらく続きました。ですから、RTの先生にこの状態を見せることができないので、どう説明したらよいのか悩んだものでした。

 今日まで、めまい、歯並びの動き、足腰の痛み、高熱など様々な逆行が現れては消え、消えては現れるということを繰り返してきています。

 初めは、逆行に対する恐怖心が強く、「このままMRTを続けていって大丈夫なのだろうか?」と悩むことさえありました。しかし、様々な逆行を体験するうちに確実に身体が楽になっていくのを感じてからは、「MRTを信じて通おう」と思えるようになりました。

 1年が経つ現在では、忘れた頃に逆行が出て来るという感じになりました。体調も少しずつ良くなってきており、長時間歩いても疲れなくなりましたし、次の日に疲れを残すこともなく、朝も気持ち良く目覚めることができるようになりました。

 また、以前は、生理中はひどい腹痛のために寝込むことが多かったのですが、今では逆に生理中が一番体調が良いほどです。

 こんなに身体が楽になるとは思ってもみませんでしたので、本当に嬉しく思っています。

◆現代医学に中心を置いていた意識が変わる

 肉体的変化と同時に、これまでの様々なことが思い起こされてきました。

 MRTと出会うまでは、痛みが出れぱ、「これは、自分の身体のどこかが悪いのだ」と思い、その痛みを取り除くために薬を飲んだりして、現代医学を頼りに生活を送っていました。しかし、薬を飲んでも"治る"ことなどなく、多少の効き目があったとしても、必ずと言って良いほど副作用が伴いました。でも、その頃は、薬の副作用は、症状を押さえるためには仕方がないのだろうと考えていました。

 しかし、MRTに通ううちに、それは大きな間違いで、薬の副作用が出るということは、薬によって自分の細胞を傷めつけてしまっているのだということに気付きました。

 また、医者は必ず、「あれは駄目、これは駄目」と制限をつけてきました。でも、MRTでは一切薬も出さず、様々な制限もない。自分の身体が望んでいるものは特に制限する必要はないとのことでした。この言葉を聞いて私は「MRTを信じてみよう」と思ったのです。

 また、RTの先生が言われた「もっと自分を思いやり、信じてあげてください。RTを信じるよりもまず自分を信じることが先決です」という言葉も心に残っています。患者より上の立場でものを言う医者の口からは決して聞かれなかった言葉だったからです。

◆内側の自分の声に耳を傾けるようになる

 今までの自分の生き方を振り返ると、何事も世間の流れに従ってきたところが多く、色々なものに縛られながら無理して合わせていたと思います。自分の身体についても、「医者が言うことなのだから正しいのだ」と思い込んで、言われるがままになっていました。

 そんな私でしたが、この傾では、人の言うことに左右されたり流されたりすることがなくなってきました。何事でも自分の内側からの声に耳を傾けるようになり、自分に正直に生きていけるようになってきていると感じています。

 最近よく思うことは、「人間には自分自身で治っていく力が確かにあるのだな」ということです。その力の源が仙骨なのだから、呼び覚まさなければいけないと思っています。

「一番大切なのは、中心で感じること。仙骨で感じることなのだ」と思っています。

◆母にも心身ともに様々な変化が現れる

 一方、一緒に通っている母の変化ですが、通い始めて1ヵ月後、身体中に強い痛みが出始めました。これまでは、そのようなことはなかったのにです。

 母はそのひどい痛みと向き合いながら、自分自身を改めて見つめ直しているようです。ときには痛みに負けそうになりますが、以前のように薬などに逃げたりはせず、母なりに自分を信じようと努めているようです。

 しかし、痛みがこれほど出ているにもかかわらず、MRTへ通い始める前の母と比べると、顔色も良く、顔のシワも少なくなり、私がうらやましく感じるほど、肌がピンとして全体に若返ってきています。本人はあまり自覚していないようですが、はたから見れば変化していることは確かです。

 ときにはRTの先生に痛さのために愚痴をこぽしてしまう母ですが、愚痴を言っているわりには笑顔ですし、次の治良を楽しみにMRTに通う姿を見れば、元気になってきているのがわかります。

 この先、身体中の痛みが消え、元気で輝いていた頃まで戻れることを期待して、母は頑張っています。

◆これからも母とともにMRTに通います

 母は今も身体の痛みが続いていますが、心身ともに確実に変化をしており、歩き方や会話までも、MRTを受ける前とは全く違ってきています。

 本人は「この痛みさえ取れれば楽なのに...」と言っていますが、私は自分が通ってきた逆行の体験から、母に、「今、症状を出している分、それだけ生き生きした暮らしが近付いているのだから...」と話しています。

 これからも母とともにMRTに通い、元気になっていきます。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
692件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。