体験談のご紹介

最新の体験談

94歳でMRTに出会い、現在99歳。 一人で歩いてMRTに淡々と通っています

  • (MRT恵比寿 99歳 女性 H.A.)
  • 掲載日:2018.01.28

◆神社のお参りの帰りに、見ず知らずの方からMRTを紹介され、誘われるまま治良を受ける

 2012年5月18日(94歳のとき)、日課の散歩の途中で、家の近所にある恵比寿神社にお参りをしました。さあ帰ろうと踵を返して歩き始めたところ、誰かが私の肩を叩きました。振り返ると見ず知らずの女性が、「あなた、そんなに姿勢が曲がっていたら大変でしょう。すぐそこにいい所があるから、一緒に行きましょう。私もそこに通っているのですよ」と話し掛けてきました。見ると、本当にすぐ目の前にMRT恵比寿のオフィスがあり、誘われるままに入って行きました。そこで「仙骨」について詳しく説明を聞き、とても大切なことだと納得し、その場で初めての治良を受けました。

◆初回治良後、杖を忘れるほどスタスタ歩けた

 その当時、特に身体のどこにも不調を感じていなかったこともあり、最初は「こんな簡単なことで何の役に立つかわからない」と思ったのですが、初回の治良を受けた後は、立ち上がるときのふらつきが減り、杖を忘れるほどスタスタ歩けることに驚き、仙骨が大事な骨であることを感じました。
 また、納得できた理由のもう一つは、磁気を用いてリーディングを取るという説明を聞いたことでした。実は私の主人が、以前磁気に携わる仕事をずっとしていたので、私も地球の磁気などについて身近に知っていたこともあり、ピンときたのです。
 そうして、推奨された通りにきっちり週2回MRTに通う生活が始まりました。

◆歩く速度が速くなり、軽い登山まで果たしました

 治良回数5回目の頃には、しゃがんでから立ち上がるときにもふらつきが少なくなり、10回目を過ぎる頃には歩く速度も速くなってきました。
 そして、治良を受け始めて20回目ぐらいのときには、家から近所の丘までかなりの距離でしたが、自分の足で歩いて上って下りて来ることができました。
 また、私は元々風邪をひきやすい体質で、毎年三回は風邪をひき、ひとたび風邪をひくと咳がひどく、そのたびに10日は寝込んでいました。それが、MRT治良30回目を迎える頃には、風邪をひきにくくなり、ひいたとしても軽く済むようになっていました。
 一度、MRTに通い始めてから風邪をひいたときに、症状は軽かったのですが長引いていたので、医者から言われるままに抗生物質を飲んだところ大変具合が悪くなり、薬をやめました。その代わりMRTの『マヌカハニー』を摂るようにしたところ、体調不良がすっかり良くなり、それ以降「風邪をひいたらマヌカ様」という生活になって、近頃では本当に風邪をひきにくくなっています。
 また、昔から胃腸が弱く、少し食べ過ぎるとすぐに便秘と下痢を繰り返すことがよくありましたが、MRTの『不思議の国 酵素F2』を飲むと調子が良く、お通じも順調になり、今では日に2回お通じがあることも珍しくないほどになりました。

◆生かされていると感じる

 私は読書が好きで、最近は特に読みたい本がどんどん増えています。
 毎月発行される『月刊MRT』も欠かさず読んでいます。創始者の内海先生の御話を拝読しますと、先生の偉大さを痛感し、大変な修行をされたのだろうと思います。そのように感じるのは、私が空襲を経験したことも関係しているのかもしれません。
 昭和20年6月、27歳の頃、福岡で空襲に遭いました。当時二人の幼い子供を育てていた私は、夜8時ぐらいに空襲警報を聞いた後、焼夷弾が自宅の軒と植木に落ち、それを砂袋で消火したことを今でも覚えています。当時、国からは空襲警報が鳴ったら窓を開けるようにと言われていたのですが、私はとっさに「障子が焼けてしまう」と思い、近所の家々に「窓を閉めて!」と声を掛けました。飛行機が通過した後、窓を閉めた家は被害が少なく、窓を閉めなかった家は焼けてしまいました。被害の大きかった方の中には、私と同級生で五人ものお子さんを抱えた方もいらっしゃり、生活に必要な物がなくなって困り果て、近所の人に助けを求めている姿もありました。大変な時代でしたが、その中でも大きなケガや困難に見舞われることのなかった経験を通して、「助けられているなあ」と実感しておりました。
 94歳になってMRTに出会い、毎月読ませて頂く『月刊MRT』の中に「生かされている」という御言葉を目にし、過去の自分の経験が繋がって、本当に生かされているなあと、ただただ感謝する日々です。
 今、世の中では「無神論者」という言葉をよく耳にしますが、常々私は信仰があったほうがいいと思っていました。なぜなら、自分が間違ったことをしていたら、手を合わせることなどできないからです。やはりしっかりと自分に芯がなければいけないと思いますので、MRTで言われていることは、とても納得しています。

◆歩かなければならないと実感した

 日常の中で、いろいろなことがありますが、RTの先生に質問すると的確に応えてもらえることがありがたいと思います。
 『センコツくん』も購入し、毎日3~4回乗っています。私がこれだけ元気でいられるのはMRTに通って仙骨の治良を受けているからだと感じていますので、家族や知人にも紹介し、今はお嫁さんもMRTに通っています。
 MRTに通い始めて2~3年、快調な日々が続いていましたが、昨年の夏は軽い風邪をひいてしまい、日課だった散歩にしばらく行かない日が続きました。そうすると、その後は歩くことがしんどく感じ、MRT治良に行くのも大変で、夏の間は治良をお休みしてしまいました。しかし、それを切っ掛けに、やはり歩かなければならないということが身をもってわかり、それからはまた毎日20分程度、家の周りを散歩するようにしています。
 その後、MRT治良に再び通い始めると、また元気になってきました。

◆現在99歳、耳も目もハッキリしており、 一人で歩いてMRTに通っています

 2016年10月30日に、99歳になり、親戚が集まって白寿のお祝いをしてくれました。
 毎年の年賀状も自筆で書いており、「毎年楽しみにしているよ」と言ってもらえることが励みになっています。今年もまた書けると思う度に、ありがたいと思います。
 そして、毎週一人で家から歩いてMRTに通っています。耳もハッキリ聞こえて会話に支障がなく、読書がますます楽しくなってきた今日この頃で、このように元気でいられるのは仙骨治良のMRTに通っているからだとつくづく実感しています。
 94歳のときに神社のお参りをした帰りに、私の肩を叩いてMRTに導いてくださった女性には、本当に感謝しております。
 これ以上のことは望んでおりませんが、100歳を超えても淡々と通い続けたいと思っています。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
669件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去37年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。