体験談のご紹介

最新の体験談

乳癌で2回の手術、MRTにより再発の不安に脅える日々から解放される

  • ( 59歳 女性 S.H.)
  • 掲載日:2010.06.08

 まず、MRTを受けた当初は、身体が非常に重くなり、立っているのもままならない日もありました。また、手術跡が痛んだことがあり、RTの先生にお聞きすると、「逆行です」ということでした。そして、MRTを始めて2カ月後には、色々な症状も、RTの先生が言われるように、逆行であると自分でも受け入れられるようになってきました。

 3カ月後には、少しずつ食欲も出てきて、病気へのとらわれ、乳癌の再発への恐怖のような気持ちも少しずつ減ってきました。

 先にも書きましたように、私は、MRTへ行く前から、玄米・菜食中心の自然医学療法を実践し、ひと月で、30万円近くの健康食品を摂り続けていました。そのことについては、RTの先生からも、5回目の治良を受けた頃に「よかれと思って摂っている健康食品や食事療法が却って身体の負担になっているのではないですか」と聞かれ、その後、飲む量は半分以下に減らしましました。そして、健康食品のリーディングテストなどもして頂き、MRTを開始して、2カ月目には、健康食品はほとんどやめてしまいました。

 玄米食については、現在も実践していますが、MRTを始めた頃は、1日3食全て玄米食でしたが、今は一食だけにしています。そうしますと、今まで1日3食、玄米食を用意していたことが、いかに自分自身に負担を掛けていたのかということがわかってきました。

 再発してからは、「そばが駄目」とか「パン食は良くない」とか、かなり食べるものを制限していました。しかし、RTの先生から、「何を食べても良いですよ。自分が欲しいという感覚にしたがって食べたら良いですから」と何度もお聞きしたことと、RTの先生の「仙骨を治良していけば、大丈夫です」というお話で、それまであった、「自分は食事療法でしか治らない」というとらわれがなくなり、すごく楽になりました。

◆数々の逆行から、理解を深める

 RTの先生は、毎回のリーディングの後、私からのどんな質問に対しても、丁寧に答えてくださるのと、その答えで非常に安心でき、「仙骨を治良していけば、大丈夫」という気持ちになるので、精神的に非常に楽でした。そうして、身体のほうも元気になってきて、病気が気にならなくなってきたのでした。

 治良を受けて半年経ったころ、数年来、風邪もひいたことがなかったのが、高熱が出るひどい風邪をひきました。それまでは、免疫力が低下して、風邪をひくこともできなかったということが、このときにわかりました。

 また、オフィスのビルに入る所で転んで膝を痛め2週間ほど足を引きずる状態になったり、転倒して肋骨を痛めたことがありました。 そんな逆行のときは、月刊MRTの体験談で、私と同じ病気の方が、1年4カ月で全快したという記事を心の支えとして、逆行を乗り越えました。

 今では、それらの現象は、仙骨が動きを更に良くするために、その箇所に刺激を受ける必要があったと理解できますし、そうして、身体を痛め自分の動きが制限された後に、大きく変化をしていくのを実感できたのでした。

◆他人を中心にした生活が乳癌を作った

 RTの先生のお話で一番印象に残っているのは、「自分を中心にする」ということです。そして、MRTを受け始めてから、それを実践することによって、自分自身の肉体的、精神的な負担が減りました。

 22年前、初めて乳癌と宣告されたときも、それまで毎年、人間ドッグに入っていて、8月の検診では異常なしであったのが、10月に義父が肺ガンで手術し、48時間、寝ないで付き添いをしたり、家の新築で忙しく、睡眠時間も削って、奔走していた11月に乳癌の宣告を受けました。また、5年前に再発したときには、脳梗塞で倒れた義母の看病で大変であったときでした。

 今思うと、どちらも自分にとっては、嫁の義務として周りに中心を預けてしていたということで、自分にとって大変なストレスであったと思います。そのようにして、自分自身の身体のことを2の次にしてしまったということが、乳癌、そして、その再発ということで現れたのだと思います。自分は我慢して、とにかく家族のことを一番に考えていかないといけないとして生きていたことが、結局、自分にとってストレスになっていたということです。

◆自分を中心にした生活の実践

 MRTを受け、自分を中心にするようになると、いろいろなことを引きずることがなくなり、非常に楽天的になってきました。「再発したらどうしよう」というような不安に脅えることもなくなりました。そのようなことができる自分になれたことが、現在の自分の体調の良さに繋がっていると思います。

昨年の1月頃より、右の腋の手術の跡のしこりが、少しずつ小さくなり始め、現在は、ほとんど気にならなくなっています。

 現在も、自然医学療法の勉強会に出席し、1日一食の玄米食と、自然の食品を摂るようにしていますが、そこで薦められる健康補助食品については、今の自分には必要ないものと自分自身で判断しています。現在、体重は52㎏で安定しています。

 まだ、時々他人の言うことに中心を奪われてしまいそうになることがありますが、そんなとき、MRTに行って治良を受け、RTの先生に相談すると、中心のズレが修正され、また、自分を中心とした意識を取り戻すことができます。

このように、病気を始め、自分自身を不自由にしていた、多くのとらわれから解放され、普通に生活ができるようになりましたのも、MRTのお陰と、感謝致しております。今後も、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

※体験談は個人の感想であり、MRT治良の効果を説明・保障するものではありません。

よく読まれている体験談

東日本大震災に関連する体験談

体験談の検索

体験談のご紹介

  • 体験談のご紹介
最新の体験談
692件の最新の体験談をご紹介します。
体験談の検索
登録されているすべての体験談を、キーワードにより検索できます。
良く読まれている体験談
体験談の中でよく読まれているものをご紹介します。

関連する情報

こんな方にお勧めです
過去38年以上の治良実績から、難病、奇病、精神病など、ありとあらゆる病気・症状の多くの方が来訪されています。